えっスゴ!小麦粉なしレンチンだけで出来ちゃう「濃厚オレオブラウニー」が超リッチで映えまくる!

投稿日:2020/12/22 21:03 更新日:

時短料理研究家・まりえさんの「濃厚オレオブラウニー」が話題になっています。インスタグラムで流行中の「オレオブラウニー」。映えるスイーツが電子レンジで作れるとあって、話題になりました。今回、まりえさんが公開したレシピではさらに簡単に作れるようになっています。

■小麦粉なしだから、より濃厚なチョコ感が楽しめる!

まりえさんの「濃厚オレオブラウニー」は、ホットケーキミックス無し、レンジ3分で作れる濃厚なオレオブラウニーで、生地に小麦粉を入れないからこそ、チョコ感が濃密に仕上がるというもの。

純ココアとミルクココア、どちらでも作ることが出来るのも嬉しいですね。ミルクココアを使用する場合は、バターと砂糖を少し少なめにするのがポイントのようです。
材料はコチラ。

材料(純ココアを使う場合)
・板チョコ(ブラック)…2枚(100g)
・バター…大さじ5(60g)
・砂糖…大さじ3(27g)
・卵(M玉)…2個(殻むき後:100g)
・純ココア…大さじ1(7g)
・オレオ(又はノアール)…7枚

材料(ミルクココアを使う場合)
・板チョコ(ブラック)…2枚(100g)
・バター…大さじ4(48g)
・砂糖…大さじ1(9g)
・卵(M玉)…2個(殻むき後:100g)
・ミルクココア…大さじ3(27g)
・オレオ(又はノアール)…7枚

※バターは有塩、無塩どちらでも大丈夫です。卵はM玉を使ってください。純ココアとミルクココア、分量は変わりますが作り方は同じです。
※卵はL玉を使うと卵感が強くなりすぎるのでM玉を使ってください。L玉しかないときは、白身を減らして正味100gにしてください。

■基本、混ぜるだけでOK!小麦粉を使ってないから半ナマ感も楽しめる?

そして、作り方はこちら。
基本的には、順番に混ぜていって型に流し込み、レンジでチンするだけ。超カンタンレシピです。

1.耐熱ガラスボウルに細かく割った板チョコ2枚と、小さく切ったバターを入れ、ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジに1分30秒かける。

2.泡だて器でよく混ぜ、チョコレートを溶かす。チョコレートが溶けにくい場合は、10秒ずつ追加でレンジにかけ溶かす。全体がなめらかになるまで混ぜる。

3.砂糖を入れ、泡だて器でなめらかになるまでよく混ぜる。

4.卵は1個ずついれ、なめらかになるまで泡だて器でよく混ぜる。

5.ココアを入れ、泡だて器でよく混ぜる。

6.ラップを敷いたジップロックコンテナ(1100ml)に流し込み、オレオを割り入れる。

7.ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジに2分40秒~3分かける。

8.取り出して、荒熱が取れるまで冷まし、できあがり。

出来上がった「濃厚オレオブラウニー」がこちら!すごっ!インスタ映えすること間違いなしの出来です。

レンジで作るケーキの難点だった表面のデコボコをオレオを乗せることで解消しちゃう「オレオブラウニー」。今回は小麦粉を使用していないので、少し生っぽくてもトロっと感を楽しめちゃうのです。

加熱後すこし生っぽい部分があった場合、5分くらい置いておくと余熱で火が通ります。すべて加熱なしで食べられる食材なので、一部がトロっと生っぽい場合、フォンダンショコラ風になっちゃいます!(※外国産の卵をお使いになる場合には、追加で加熱して火を通してください。)

■「超簡単なのに美味しい」「リッチな味」と話題

まりえさんの「濃厚オレオブラウニー」レシピが公開されるとネットでは、「めちゃくちゃ簡単なのに美味しくて感動」「冷凍もできてありがたい」「オレオを乗せるのが楽しい」「簡単なのにリッチな味」などの声があがりました。

オレオをトッピングしたり、好きな大きさにカットしたりと、作る工程が楽しいのも嬉しいですね。さらに、冷凍もできちゃうので一口サイズにカットしてストックしておくのもいいかもしれません。

レシピの考案者は、時短料理研究家の若菜まりえさん。「やみつき無限シリーズ」などが有名で、簡単・時短レシピサイト【つくりおき食堂】作者でもあります。同サイトでは、家にある調味料だけでサッと作れてパッと味が決まる、忙しい現代人の味方なレシピを数々紹介しています。
https://mariegohan.com/

なお、今回紹介した「濃厚オレオブラウニー」の作り方も画像付きで詳しく見ることが出来ます。
https://mariegohan.com/21368

協力:つくりおき食堂まりえさん @mariegohan

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.