コーヒーとの相性もグッド!【サザコーヒー】天然色素を使った『レインボー ミルクレープ』を販売開始

投稿日:2021/01/10 12:05 更新日:

サザコーヒーは天然色素を使ったレインボー ミルクレープを1月10日から茨城県の店舗で販売を開始しました。

レインボーミルクレープ620円

レインボー🏳️‍🌈ミルクレープ 2021年1月10日から発売

色は天然色素。サザコーヒーは自社で製造販売するケーキなどの食材は添加する食材を選んでおり、小麦は北海道の十勝小麦、クリームは牛乳由来のクリームで植物合成油脂は含まれません。生地はうどんにも使われる小麦でコーヒーとの相性も良く、若者層以外でも楽しめるスイーツの開発をしました。

「茨城県内のサザコーヒー本店、水戸駅店、水戸京成百貨店店、大洗店、筑波大学アリアンサ店の5店舗で今日から1カット620円で発売されテイクアウトも可能。初日の供給数はあまり多くはないが量産供給体制を整え発売店舗数も供給に合わせて増える。」(サザコーヒー鈴木太郎社長)

開発経緯

開発は、静岡県浜松市の 株式会社モリロボの森啓史 代表取締役社長 とサザコーヒーのケーキ部門の宮崎健二さんと吉成百合子さんで、どうやったら楽しくおいしいしく提供できるか?と開発しました。株式会社モリロボの森社長はクレープロボットのパイオニアでサザコーヒーの無理難題に対応して望みのクレープが増産して焼ける様になりました。おいしくてたのしいコーヒー文化をどんな時代になっても続けていけるようにこれからクレープを使った新たな可能性に期待。新商品と生産量の向上が急ピッチで進められています。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.