タリーズコーヒー お肉のような食べ応え!プラントベースフード「大豆ミートのピリ辛ピタサンド」を発売

投稿日:2021/05/20 16:21 更新日:

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小林義雄、以下:タリーズコーヒー)は、プラントベースフード「大豆ミートのピリ辛ピタサンド」を5月28日(金)より発売します。

タリーズコーヒーでは、昨今の健康志向の高まりや、多様化する食文化・食習慣のニーズに応え、プラントベーススイーツの「カッサータ」を今年3月に発売しました。「カッサータ」は、イタリア・シチリア地方の 伝統的なフローズンデザートを豆乳ベースで仕上げたもので、溶かしながら変化を楽しめる点や、軽い口当たりが女性に好評です。

今回発売する「大豆ミートのピリ辛ピタサンド」は、プラントベースのフードメニューとして開発したものです。「大豆ミート」は、肉の代替商品として欧米で広く受け入れられている食材で、「大豆ミートのピリ辛ピタサンド」は、大豆ミートをごろっと入れることで、本物のお肉のような食べ応えを実現しつつ、夏に向けて食欲をそそられる、チポトレが効いたピリ辛仕立ての味わいに仕上げました。ペアリングとしても相性の良いアイスコーヒーやアイスティーと一緒に楽しめる商品です。

<商品名・価格>


「大豆ミートのピリ辛ピタサンド」
400円(税込440円)
※中部~中四国エリアでは6月11日(金) 発売予定
※北海道・九州・沖縄除く


上)ソイミルクのカッサータ 450円(税込 495円)
下)苺とソイミルクのカッサータ 450円(税込 495円)
※2021年3月より発売中

タリーズのプラントベースフード

植物由来の食材のこだわり、主要原材料には動物性食材を使用していませんが、添加物に動物由来の材料を使用している場合があり、完全な菜食主義を目指す方向けの商品ではありません。フレキシタリアン※のような自身の健康面への配慮や、環境への影響を考えて食事を選択するといった、多様化するニーズに応えるために提案するカテゴリーです。

※フレキシブル(柔軟)と、ベジタリアン(菜食主義者)をあわせた造語で「野菜中心の食生活を送りながらも、肉や魚、乳製品も排除せず、バランスよく取り入れる」という食生活に柔軟な姿勢、考え方が欧米を中心に増えています。

※価格は店内飲食時の価格です。テイクアウト時は税率が変わります。
※一部取扱をしていない店舗があります。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.