ローソン、「カフェラテ」価格リニューアル後の販売数が約2.5倍に伸長。生乳の産地を拡大し安定供給図る。

更新日:

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:玉塚元一)は、4月28日(火)に新価格にリニューアルした「カフェラテ(アイス、ホット)」の販売数が約2.5倍の60杯に伸長したことを発表した。

05113

マチカフェ全体に占める「カフェラテ」の構成比は約2倍の50%となり、女性客を中心に多くの支持を獲得した。 急激な販売数伸長の影響により、カフェラテのミルクの原料となる生乳の在庫が逼迫したが、 産地を拡大し厳選した生乳を調達することで安定供給を図っている。

2011年1月に「マチカフェ」を展開した当初から、本格的なエスプレッソ抽出によるコーヒーと厳選した生乳を使用したミルクを合わせた「カフェラテ」を展開し、女性客を中心に好評を博してきた同社では、心地よい時間を提供する「コンビニカフェ」を気軽に楽しんでもらいたいとして、素材や製法にこだわった「カフェラテ」や、手軽に楽しめる「ドーナツ」など、今後も付加価値の高い商品を提供していくとしている。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.