「麺屋誠」元イタリアンのシェフが作る唯一無二の“極ドロ担々麺”をオンラインショップで販売

投稿日:2021/07/16 11:14 更新日:

千葉県柏市にあるラーメン店「麺屋誠」は、グルメ激戦区である東京・六本木でイタリアンの修行を重ねたシェフが、長年培かった経験を元に、様々な手法を取り入れて試行錯誤の末完成した、同店人気メニューの「濃厚白胡麻担々麺」と「濃厚黒胡麻担々麺」などを販売するオンラインショップを7月16日(金)12時よりスタートします。

唯一無二の“極ドロ”担々麺

「旨味を凝縮させたスープ×胡麻×担々の濃厚3層仕立て」
一杯一杯鍋でスープを作るため大量生産ができない貴重な担々スープ


豚骨と鶏ガラ、大量の香味野菜を寸胴で長時間煮込んで旨味を凝縮させたこだわりのベーススープに、豆乳を加えて辣油を効かせた担々スープ、そして大量の胡麻を練り上げたペーストをミックスした濃度MAXの3層仕立て。子どもや辛さが苦手な人でも飲める胡麻&豆乳のコク深くマイルドな口当たりに、辣油の程よい辛さが深みを与え、そこにピリッとした山椒の刺激と甘辛く煮込まれた豚こま切れ肉が溶け込むことで、最後まで美味しく飲んでもらえる、理想的なスープが完成しました。まろやかで濃厚な白胡麻と力強いコクの黒胡麻。たとえベースとなるスープが同じでも、加えられる胡麻の種類により味わいが異なります。

「濃厚スープにもよく絡む!北海道産小麦粉が香る中太縮れ麺」


自慢のスープを活かすも殺すも麺次第。同店自慢の担々麺。その最大の特長である“極ドロスープ”の濃厚な味わいを受け止める麺には、ラーメン研究家・石山勇人氏がプロデュースするラーメンマニアの間でも評判の「香麺」を使用しています。その名の通り、香りの良い北海道産小麦と塩とかん水のみを使い、自家製麺に近い製法で作られた中太縮れ麺は、小麦本来の甘みとしっかりとしたコシが楽しめるようになっています。濃厚なスープにも負けることなくよく絡み、ひと啜りごとに口の中に広がる小麦粉本来の香りと甘み、そしてコシ。一度でも味わえばリピート必至!一人前は茹で上げ前で170gと満足できるボリュームとなっています。

「濃厚白胡麻担々麺」と「濃厚黒胡麻担々麺」という2色の“極ドロ”担々麺。後引く美味しさの秘密と白・黒の味の違いを見極めるべく食べ比べるもよし。“美味しい”。ただその一言のために研鑽し、完成させた麺屋誠自慢の味が、家庭でも楽しめるようになっています。



商品概要

価格  :各1,900円税込
内容  :スープ×2、麺(170g)×2、具×2
賞味期限:到着より約2週間
※佐川急便の冷凍便でのお届けとなります
※野菜などのトッピングは付属しておりません

店舗概要

店舗名 :麺屋誠
所在地 :千葉県柏市豊住1丁目1-14
定休日 :毎週月曜定休
営業時間:11:00~14:00 LO、17:00~23:00
     ※緊急事態宣言中は定められた営業時間に準ずる

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.