吉野家 季節限定商品人気No.1の『牛すき鍋膳』と新商品『牛すき丼』を販売開始

投稿日:2022/10/19 11:59 更新日:

株式会社吉野家は、冬の定番商品『牛すき鍋膳』並盛 本体価格698円(税込767円)と新商品『牛すき丼』並盛 本体価格568円(税込624円)を、10月20日(木)11時より全国の吉野家店舗(※1)で販売を開始します。(※1)一部店舗では販売していません。また、価格が異なる場合があります。

2013年以降、毎年冬季限定で販売する『牛すき鍋膳』は、これまで累計販売数は約8,000万食(※2)となる人気定番商品となっています。この『牛すき鍋膳』と同時に「牛すき」のうまさを丼で味わえる新商品『牛すき丼』を販売開始します。(※2) 『牛すき鍋膳』、『牛すき鍋』合計の販売

『牛すき鍋膳』は大判の牛すきやき肉と成人の目標摂取量半日分が摂れる野菜(白菜、ねぎ、豆苗、人参)と絹豆腐、きしめんを特製すきやきのたれで煮込んだ「牛すき」と玉子、ご飯、漬物を御膳仕立てで味わえるようになっています。鍋で用いる牛すきやき肉は、「牛丼」同様、穀物肥育の牛肉を使用しています。くさみがなく、赤身と脂身のバランスが良いことが特徴となっています。提供時から鍋の良い香りがただよい、五徳の火の上に置かれた鍋が目の前でグツグツと煮込まれる様子は、食欲をかきたてます。特製すきやきのたれには昆布や椎茸などの出汁に加え、牛のうまみと風味が詰まった牛肉のエキスを追加。鍋いっぱいに深みのある牛の旨味が行き渡っているので、具材ひとつひとつに牛の旨味がたっぷり含まれています。『牛すき鍋膳』は並盛の他、大盛もあります。「肉2倍盛」を希望の場合は、追加料金298円(税込327円)で承ります。ご飯との相性が抜群な『牛すき鍋膳』は、並盛・大盛共にご飯増量・おかわり無料となっています。テイクアウト(※3)も可能となっています。(※3) 『牛すき鍋膳』のテイクアウトでは漬物はつきません。

毎年、『牛すき鍋膳』は大好評を得、週に何度も同商品を注文するお客が多数見られます。この『牛すき鍋膳』を丼にした『牛すき丼』を今年初めて全国販売することとなりました。

『牛すき丼』は特製すきやきのたれで煮込んだ大判牛すきやき肉とねぎ、人参、絹豆腐を丼のご飯の上にのせた商品となっています。テイクアウト需要の高まりに伴い、丼商品が人気の傾向があり、『牛すき鍋膳』においても丼商品を開発することとなりました。店内でもテイクアウトでも美味しく食べることができるよう、ご飯と合わせて食べると美味しい煮込み具合・特製たれの量を何度も試作を繰り返しながら、丼の底のご飯にまですきやきの旨い味が染み渡った『牛すき丼』を完成させました。なお、『牛すき丼』は並盛、大盛の2種類のサイズ展開となります。

また、テイクアウト限定商品として「牛すき」で用いる大判牛すきやき肉のみを販売する『牛鍋ファミリーパック』を10月20日から販売を開始します。『牛鍋ファミリーパック』のサイズ展開は2種類となっています。3人前は898円(税込987円)、4人前は1,098円(税込1,207円)の『牛すき鍋膳』や『牛すき丼』にさらにトッピングするほか、家で鍋を作る際の肉やアレンジレシピにも活用できるよういなっています。

\ この記事をシェアする /

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.