香川県のご当地料理「骨付鳥」昭和48年創業の老舗の味が自宅で楽しめるネット通販を開始

投稿日:2022/10/19 12:05 更新日:

株式会社テイスティーズでは、香川の郷土料理店「四国・讃岐 ぴかでり屋」で、提供しているオリーブ牛や丸亀名物の骨付鳥などを新規に立ち上げたネット通販「讃岐の肉匠 極意」で2022年10月から本格販売し、人気を集めています。

創業は昭和48年に焼鳥「鳥銭」として高松市内で開業し、現在では、香川の地産地消と郷土料理の専門店として50余年にわたり営業している地元の老舗店となっています。

2022年8月~9月の1ヶ月間で名物「骨付鳥」のサンプル商品をデモ販売したところ、注文が殺到し、一時的に製造が間に合わなくなるほど人気が高まったことを受け、10月より本格的にECサイトで販売を決定しました。


香川の郷土料理店「四国・讃岐 ぴかでり屋」

同店の「骨付鳥」は、創業からの伝統の味

同店の創業は50年前、昭和48年に香川県高松市で焼鳥「鳥銭」を開業、その当時から骨付鳥を提供し、多くの人に愛されてきました。
その後、店名を「四国・讃岐 ぴかでり屋」に変え、現在では四国4県の郷土料理と瀬戸内のうまいもんを提供しています。


昭和48年創業「鳥銭」

香川の名物「骨付鳥」

骨付鳥は、香川県丸亀市発祥のご当地グルメとなっています。今では讃岐うどんに次ぐ香川県の伝統料理にまでになっています。香川に来たらこれを食べずには帰れないとまで言わしめるほどで、地域では人気の一押し料理となっています。鶏の骨付もも肉をニンニクの効いたスパイスで味付けし、オーブンなどでじっくりと丁寧に焼き上げます。そのため身はジューシーなままで、表面や皮はパリパリと香ばしく焼けています。親どり(通称:おや)と若どり(通称:わか)があり、“おや”はしっかりとした歯ごたえが特徴的で、味わい深く噛み応えも充分。鶏肉本来の風味が噛めば噛むほどにクセになる通好みの逸品となっています。“わか”はふっくらと柔らかい肉質で食べやすいのが特徴となっています。女性やお子さんに好まれています。骨付鳥のスパイシーな味わいはお酒のお供にも抜群となっています。

通販で購入できる名物「骨付鳥」

香川・丸亀名物「骨付鳥」ひな・おや
「ひな」ふっくら柔らかい肉質で食べやすく、女性やお子さんに人気となっています。
「おや」しっかりとした歯ごたえで噛めば噛むほどに鶏肉本来の風味が口の中に広がる通好みの逸品となっています。

香川県内ではクリスマスの定番としても親しまれており、そのパンチの効いた味わいで全国区の知名度を誇るまでに成長しました。

<骨付鳥の粋な食べ方>
出来たてアツアツに豪快にかぶりつくのが一番美味しい食べ方です。さらに、お皿に落ちた肉汁にキャベツをつけてみましょう。

原材料 :鶏もも肉(国産)、塩、こしょう、ガーリックパウダー、ニンニク、
     鶏油、ガーリックオイル
内容量 :270g×1本
保存方法:冷凍
賞味期限:お届けより冷凍で60日
価格  :丸亀名物 骨付鳥ひな 1本 815円(税込 880円)より販売
     (お得なセット販売もあります)

\ この記事をシェアする /

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.