韓国発フライドチキン専門店「Kyochon」日本初上陸。六本木・外苑東通りに11/26オープン。

更新日:

株式会社チキン・プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:アンドリュー・ネイサン)は、韓国生まれのフライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」の日本1号店となる「Kyochon 六本木店」を、2015年11月26日(木)に六本木・外苑東通り沿いにオープンすることを発表した。

d16047-2-487546-3

【「Kyochon(キョチョン)」とは】
1991年に韓国で誕生したフライドチキンブランド。「チキン×ビール」を組み合わせたフードスタイルで人気を博し、現在は韓国国内に加えて米国、東南アジア各国に約1,000店舗超を展開中。グローバルブランドとなって、日本に初上陸となる。

d16047-2-894399-2

厳選したチキンを二度揚げし、オリジナルレシピによる秘伝のソースを一つ一つハケで塗って仕上げていくのが特徴で、これまでにない食感のフライドチキンが楽しめる。
味の違うソースや衣で4種の異なるテイストが味わうことができ、いずれもビールとの相性は抜群。

他にも、本格炭火で焼き上げるグリルチキン、バランスの良い食事メニューやランチメニュー、野菜をたっぷり使用したサイドディッシュも提供する。

d16047-2-713310-1

【​こだわりの調理方法】
■カリカリチキンを生み出す独自の調理方法
一度揚げたチキンの余分な衣と油を落とした後、二度揚げすることでカリカリの新食感を実現。揚がったチキンにはオリジナルの秘伝ソースを一つずつハケでまんべんなく塗り、味をしみこませていく。
オーダーを受けてから調理を開始するため、揚げたての食感を味わうことができる。

■厳選したチキンをヘルシーに調理
厳選した原料を使用、また二度揚げの合間に余分な衣と油を落とすことで、ヘルシーな食感が楽しめる。

【ビールとの相性抜群「チキン×ビール」の新文化】
秘伝のソースで味付けされた、熱々で「カリふわ」食感のチキンは、冷たいビールとの相性抜群。
食事として1軒目でも、軽く1杯の2軒目としても楽しめる。

【4種のバラエティ豊かな味わい】
カリカリな食感が特徴の腕の部位「ウィング」と、ジューシーさが味わえるももの部位「スティック」の2種類のチキンを、4種の味で楽しめる。

<キョチョンオリジナルシリーズ>
醤油・ニンニクがきいた秘伝のオリジナルソース。ガーリックの風味が広がる、飽きのこない味つけ。
d16047-2-970667-4

<キョチョンハニーシリーズ>
オリジナルの粉を使用した特別な衣と蜂蜜の相性が抜群。ほのかな甘味が鶏肉の味わいを最大限に引き立てている。
d16047-2-376393-5

<キョチョンサルサルシリーズ>
ライスフラワーを使用しており、サクサクとした食感が特徴。3種のソースを自分で付けて食べるシリーズで、好みの味が楽しめる。
d16047-2-991769-6

<キョチョンレッドシリーズ>
辛さで有名な韓国産チョンヤン唐辛子を使用。唐辛子の辛みで鶏肉の旨味がさらに引き立てられた、ビールによく合う逸品。
d16047-2-225426-0

【本格炭火焼のグリルチキンや、サイドディッシュも提供】
本格炭火で焼き上げるグリルチキン(ダッカルビ)や、新鮮な野菜をたっぷり使用したサイドディッシュ、バランスの良い食事メニューも提供。
メニュー構成は女性客も楽しめる内容となっている。

炭焼きダッカルビ/炭焼きスパイシーダッカルビ/グリルチキンと彩野菜のサラダ
d16047-2-299206-8

チキンプルコギ&ライス/スパイシーチキンヌードル/ランチセット
d16047-2-259934-9

【Kyochon六本木店 店舗概要】
■住所:東京都港区六本木5-1-7 ストリートビル1F・2F
■電話番号:03-6455-5103
※11/26(木)以降対応可能。
■営業時間:11:00~4:00
※オープン当日(11/26)のみ、17:00オープン。
■定休日:年中無休(年末年始除く)
■座席:80席

▼URL:https://www.kyochon.jp
▼Facebook:kyochonjapan
▼Twitter:kyochonjapan
▼Instagram:kyochon_japan

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.