パナソニック、お米の銘柄に関する実態調査実施。40代以上の約6割が銘柄を変える「銘柄ホッピング層」。

更新日:

パナソニック株式会社は、お米の銘柄に関する実態の把握を目的に全国20~60代の約900人を対象としたアンケート調査を、財団法人日本穀物検定協会「米の食味ランキング」発表後の2014年4月に実施したことを発表した。

世界無形文化遺産登録で“和食”が注目される中、主食である“米”にも世の中や生活者から大きな関心が集まっている。財団法人日本穀物検定協会が、2014年2月に発表したブランド米格付けランキングでは、過去最多の38銘柄が「特A」を獲得。また地場銘柄のお米も各地で多数生まれており、お米の“銘柄ブーム”が到来している。
今回の調査では、全国900人を対象にお米の銘柄に関する実態を調査し、特に40~60代がお米の銘柄にこだわりを持ち、お米の銘柄を変えた経験がある「銘柄ホッピング層」であることが明らかになった。

■家庭でごはんを美味しく炊くために、40-60代の31.9%は、お米の銘柄にこだわっている。


■「銘柄ホッピング層」は、40代で63.2%、50代で58.7%、60台で61.7%と、若い世代より40-60代の世代で銘柄変更をしている人が多く、銘柄を変えてお米の味を楽しむ人が多いことが分かる。

≪新米銘柄食べ比べセミナー 「Wおどり炊き 新米マイスター・チャレンジ」を実施≫
パナソニック(株)では、銘柄・ブランド米への関心の高さや、40-60代で6割以上もいる銘柄ホッピング層に対し、美味しいブランド米の食味の違いを楽しんでもらう為に、新米銘柄食味食べ比べセミナーを参加者限定で開催する。

パナソニック炊飯器のWおどり炊きで銘柄ごとに炊き分けた5種類のブランド米で食味の違いをテストする。

当日は、お米5つ星マイスターである澁谷梨絵氏が講師として登場し、新米銘柄の楽しみ方をレクチャーする。
株式会社シブヤ代表取締役 澁谷梨絵 「5つ星お米マイスター」「雑穀エキスパート」「ごはんソムリエ」
■日時:2014年10月3日(金)19時00分~、10月10日(金)18時30分~
■場所:ガーデンキッチン 東京都新宿区新宿1-5-4

[調査結果詳細]

Q1.家庭でごはんをおいしく炊くため/食べるためにしている工夫やこだわりはありますか。[MA]
家庭でごはんを美味しく炊くために、半数以上が何かしらの工夫をしている。「お米の銘柄にこだわっている」と答えた人が一番多く、中でも40-60代が全体よりも高く31.9%。年代別でみると、20代と50代では18.2%の差があり、年齢が高いほど銘柄へのこだわりが強いことが分かった。


Q2. 家庭で食べるお米の銘柄をこれまでに変えたことはありますか。[SA]

お米の銘柄へのこだわりが強い40-60代。お米の銘柄を実際に変えたことがあると答えた人が61.2%と、「お米ホッピング」実践者でもあることが分った。特にホッピング率が高い40代と20代とでは25.8%と開きがあり、お米の銘柄を変えて実際に食生活の中で楽しんでいるのも比較的上の世代だった。

Q3. お米の銘柄を変えた理由としてあてはまるものをお選びください。[MA]
では、なぜお米の銘柄を変えるのか。お米の銘柄を変えたことがある人にその理由を聞いたところ、「食べてみたい銘柄があったから」が最も多く、すべての年代に共通して、銘柄の食味を楽しむために銘柄を変える人が多いことが分かった。

Q4. お米の味や銘柄の違いがわかりますか。また見極めることができると思いますか。[SA]
お米の銘柄にこだわり、それぞれの食味を楽しんでいる人が多い一方で、銘柄ごとのお米の味について分からないと答えた人が半数以上となった。特に40-60代は、「銘柄ホッピング層」でありながら、全体よりもお米の味の見極めができないと答えた人が全体よりも1ポイント多く、特にホッピング率が高かった40代が一番「そう思わない」と応えており、楽しんではいるものの、その食味を本当に分かっているかは自信がない方が多いことが分かった。

Q5. お米の銘柄にあわせて炊飯器で炊き分けができたらよいと思いますか。[SA]
最後に、「炊飯器で炊き分けができたらいいか?」という質問に対して、40-60代の「とてもそう思う」「ややそう思う」が計57.5%と半数を超え、特に味の違いに自信がなかった40代では、67.1%と高い傾向となった。

[総括]
40-60代は、家庭の食卓でお米を楽しむために、お米の銘柄に注目し、実際に購入して試している人が多いことが分かった。お米の銘柄によって味が違うことも認識している。
一方で、銘柄を選択して楽しんでいる傍ら、実際に銘柄ごとの食味の違いが分かっているかどうかの自信がないことが明らかになったと共に、しっかり銘柄ごとの食味を引き立たせる炊飯器の機能に魅力を感じていることも分った。

■銘柄炊き分けができる!パナソニック スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器SR-SPX4シリーズ「Wおどり炊き」

銘柄の特性にあった火加減でお米の持ち味を十分に引き出して炊き上げる「銘柄炊き分けコンシェルジュ」という機能を搭載した、パナソニックのスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器SR-SPX4シリーズ「Wおどり炊き」が登場。25銘柄(26品種)※の炊き分けが可能となっており、 自 分の好みのお米を一番最適な炊き加減で楽しむことができる。
※対応銘柄は、あきたこまち、キヌヒカリ、きぬむすめ、きらら397、コシヒカリ、コシヒカリ(魚沼産)、さがびより、ササニシキ、つがるロマン、つや姫、天のつぶ、ななつぼし、にこまる、はえぬき、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、 ふっくりんこ、まっしぐら、ミルキークイーン、森のくまさん、ゆめぴりか、くまさんの力、夢つくし、こしいぶき、あきほなみ、おいでまい

Copyright © 2014 Panasonic Corporation
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.