ロイヤルホスト、毎年恒例のカレーフェアが34年目。国産野菜を使った伝統の味と新作カレーを提供。

更新日:

ロイヤルホストは、6月21日(火)より『34年目のカレーフェア』を全国の店舗で開催することを発表した。

r3

1983年から開催されている同店のカレーフェアは今年で34年目を迎え、過去33年間で提供したカレーは150種類以上にのぼるという。

今回はこれまでの定番メニューをさらに進化させたカレーと新作カレーをラインナップ。伝統の味「カシミールビーフカレー」をブラッシュアップした『国産野菜のカシミールビーフカレー』や、16年目のカレーフェアで初登場し好評を博した「ターリ(※1)」がバターチキンカレー・ビーフカレー・“日本の野菜”を美味しく食べるカレーの3種と、ナン・ターメリックライス・コールスローを盛り込んだ『ロイヤル プレミアムターリ』として再登場する。
その他に、食べ応えのある国産野菜をまろやかなソースと合わせた『“日本の野菜”を美味しく食べるカレー』『チキンカリー“グランデ”』『南国シュリンプカレー』の全5種類を展開。
さらに、追加で「パクチー」と「ナン」を注文することができるほか、メニューによってライスは白米と十八穀米から選択が可能となっている。

(※1)ターリとは:定食スタイルのカレーのこと。お盆が語源となっており、複数の丸皿または四角皿に、それぞれご飯やチャパティ、カレー数種などが盛られている。

【『34年目のカレーフェア』 概要】
・販売期間:2016年6月21日(火)~8月下旬(予定)
・販売時間:11:00~22:00
・販売店舗:全国のロイヤルホスト 222店舗

【『34 年目のカレーフェア』メニュー概要】 ※価格は税込
◆ロイヤル プレミアムターリ:1,998円/1143kcal
バターチキンカレー・ビーフカレー・“日本の野菜”を美味しく食べるカレーの3種と、これまでより1.5倍大きくしたナン・ターメリックライス・コールスローを盛り込んだ、伝統と新作のカレーを一度に楽しめる一品。
r3

◆国産野菜のカシミールビーフカレー:1,274円)/837kcal
1年目のフェアから提供している18種類のスパイスを使った、さらりとした中にコクを感じるカレー。今年は国産野菜を油で揚げずに、食感とスパイスの辛さがしっかりと感じられる一品に仕上げている。
※フライドオニオンやソースに含まれる野菜の一部は外国産を使用
r4

◆“日本の野菜”を美味しく食べるカレー〈十八穀米で〉:1,544円/905kcal
大きめで食べ応えある10種類の国産野菜が主役のサブジ風カレー。サブジとはインド料理の一つで、野菜に香辛料をまぶし、炒め蒸したもの。ライスは十八穀米と白米から選択可。
r1

◆南国シュリンプカレー〈十八穀米で〉:1,652円)/956kcal
海老の旨みとココナッツの香りが際立ち、コリアンダーがアクセントになったアジアンテイストのカレー。ライスは十八穀米と白米から選択可。
r5

◆チキンカリー“グランデ”:1,490円)/860kcal
“フェネグリーク”や“シナモン”“クローブ”などの甘い清涼感のある香りを活かした新たなスパイス使いのカレー。カレーになじみのあるスパイス“クミン”を使わず仕上げている。
r2

COPYRIGHT 2016 ROYAL HOST CO., LTD.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.