ミニストップ、2種のぶどうを使用し濃厚ソースにこだわった「まるごとぶどうパフェ」を発売。

更新日:

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:宮下 直行)は、2016年度のフルーツパフェシリーズ第4弾「まるごとぶどうパフェ」を、2016年8月5日(金)より順次、国内のミニストップ(2016年6月末現在:2,205店)にて発売することを発表した。

img_109155_1

“フルーツを堪能するパフェ”をコンセプトとして、フローズンフルーツとフルーツソース、そしてソフトクリーム バニラをあわせた同シリーズの2016年第4弾として発売する同商品は、パリッとしたぶどうの食感とみずみずしさを同時に味わうスイーツである。
皮ごと食べられるぶどう果肉のおいしさをより引き出すため、今年はぶどうソースにこだわり、2種類のぶどうを掛け合わせた、濃厚ながら適度な酸味のあるぶどうソースが完成。こだわりのぶどうソース、ソフトクリーム バニラのハーモニーは、気温が上昇する夏も最後まで飽きずに楽しむことができる。

img_109155_2

《商品情報》
■商品名:まるごとぶどうパフェ
■発売日:2016年8月5日(金)より順次発売開始
※2016年8月12日(金)より全国発売
■価格:350円(税込)
■エネルギー:173kcal

≪まるごとぶどうパフェの魅力≫
1.「皮ごと食べるぶどう」
ぶどうは深い味わいが特長で、皮ごと食べられる種なしぶどうであるチリ産「クリムゾン種」を使用。皮ごと食べることで、ぶどうの“美味しさ”や“風味”を存分に味わうことができる。

2.「濃厚なぶどうソース」
ソースには「コンコード種」に加え、新たにイタリア産の白ぶどう「シャルドネ種」をブレンドし、果汁比率を昨年の90%から100%(濃縮
還元後)にアップ。 新たに加えた「白ぶどう」の適度な「酸味」により、最後まで飽きることなく楽しむことができる。
こだわりのぶどうソースを、トッピングの果肉だけでなく、ソフトクリームの下に入れた果肉にもかけることで、濃厚な「果汁感」を最後まで味わうことができる。
※フローズンフルーツ使用(期間限定)

《まるごとぶどうパフェ開発秘話》
より美味しさを追求する中で、今回は果汁100%(濃縮還元後)の濃厚なぶどうソースにこだわり、コンコード種に白ぶどうをブレンドしながら試作を繰り返したという。
その中で酸味と甘みのバランス良く仕上がったのが、イタリア産のシャルドネ種を加えたソース。コンコード種と組み合わせることで渋みが抑えられ、程よい酸味のある濃厚なソースが実現した。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.