ヒルトン東京、アリスをモチーフにしたブッフェ第二弾「アリスとハートの女王様からの挑戦状」開催。

更新日:

ヒルトン東京(東京都新宿区総支配人マイク・ウィリアムソン)1階「マーブルラウンジ」は、9月3日(土)から10月31日(月)までの期間中、「アリスとハートの女王様からの挑戦状」デザートフェアを開催することを発表した。料金は一人平日¥3,600(土・日・祝日¥3,720)、午後2時半より午後5時半まで毎日開催される。

s_160804_0458

ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」の世界観をモチーフに今年5月23日にスタートした「アリスからの招待状」デザートフェアは、圧倒的な可愛らしさと細部にまでこだわったアリス・ワールドがソーシャルメディアを中心に拡散し、スタートとほぼ同時にフェア最終日(8月27日)まで満席となった。

今回、第二弾として企画された「アリスとハートの女王様からの挑戦状」では、物語の後半にアリスと邪悪なハートの女王様が繰り広げる様々なエピソードから発想を得たエグゼクティブ・ペストリーシェフダヴィッド・ギマレスが、可愛いだけではない、ちょっぴりダークでひねくれた大人なアリスの世界を表現している。また、第一弾に引き続き、国内外で活躍する版画家西脇光重氏によるアートワークがブッフェ台に飾られるほか、原宿の人気コンセプトショップ「水曜日のアリス」からはアリスグッズや絶好のフォトセッションスポットとなる「ハートのクイーンの椅子」も登場する。

おかしなお茶会後、アリスが足を踏み入れた美しいバラ園には、ハートの女王様の機嫌を損なわないよう白いバラを赤いペンキで塗るトランプ達が。そんなエピソードから誕生した「赤く塗っちゃえロールケーキ」は、溢れんばかりのベリークリームをバラの香りのスポンジケーキで包むロールケーキ。4つのトランプの柄をモチーフにした「トランプ・タルト」はホワイトチョコレートガナッシュに、アクセントとしてブルーベリー、ストロベリー、ラズベリー、チェリー4つのフレーバーを用意し、それぞれハート、スペード、ダイヤ、クラブの模様が描かれている。

s_160804_0485

物語のクライマックス、女王様のタルトを盗んだ不届き者を暴く不思議の国の裁判所のエピソードからは2種類の女王様のタルトが登場する。「洋梨とフランボワーズタルト」、「マスカット&アーモンドタルト」には共にクイーンの王冠をイメージしたデコレーションが施され、威風堂々とブッフェ台に鎮座している。更にいつも不機嫌な女王様の口癖「首を切っておしまい。」をイメージしたデザートは2段重ねのチェリーシュークリーム「ルリジューズ」で用意される。

その他にも苺、スポンジ、クリームがグラスの中で層になった愛らしい「マイ・リトルアリストライフル」、前回に引き続き人気の「Eat meお食べなさいクッキー」、苺とブラックタピオカで作る新「Drink meお飲みなさい」、各種マドレーヌやマカロンも楽しめるようになっている。アクション・ステーションではシェフが目の前で焼き上げる「クロッフル」や、お好みのアイスクリームにクッキーやフルーツを合わせてカスタマイズする「コールド・マーブル・アイスクリーム」、更に真っ赤な「女王様のチョコレートファウンテン」も登場し、マシュマロや苺、ブラウニーと共に食べることができる。

二部構成で展開する同フェアではダークでちょっぴり不気味なハロウィーンスイーツも登場。斬新で不思議なデザートが登場し、アリス・ワールドとの対比を楽しめるようになっている。マシュマロとゼリーで作るリアルな目玉がユニークな「目玉のカップケーキ」、オレンジケーキに黒で蜘蛛の巣を描く「スパイダーネットケーキ」、「黒ゴマとパンプキンのロールケーキ」や食べるまで味の想像も出来ない「毒薬ショット」など、ダヴィッドの遊び心溢れるユニークなラインアップを合わせて楽しめるようになっている。

s_160804_0506

全30種類のデザートに加え、サンドイッチやパスタ、パイなどが日替わりで登場するのでアフタヌーンティーとして、または遅めのランチとしても最適。

エグゼクティブ・ペストリーシェフ ダヴィッド・ギマレス

2014年10月、ヒルトン東京ダイニングフロアTSUNOHAZU のオープンに合わせ、エグゼクティブ・ペストリーシェフとして着任。フランス生まれのダヴィッドは2005年から2007年、パリの名店、「ラデュレ」でシェフ・ド・パルティとして、デコレーション部門に従事。2008年にはモナコの5ツ星ホテル、オテル・ド・パリ・モンテカルロのシェフ・ド・パルティとなり、3ツ星レストラン「ル・ルイ・キャーンズアラン・デュカス」を含むレストランのデザート作りを担当。その後、同じくモナコのオテル・メトロポール・モンテカルロでペストリー部門のスーシェフに就任。ジョエル・ロブションのもと、ミシュラン2ツ星レストラン「La Table」や1ツ星日本食「YOSHI」のデザートを担当した。ヒルトン東京着任前はヒルトンボラボラヌイリゾート&スパのペストリーシェフを務めた。

「アリスとハートの女王様からの挑戦状」デザートフェア 概要
会場:「マーブルラウンジ」 (ヒルトン東京1F)
期間:9月3日(土)~10月31日(月)
時間:2:30pm – 5:30pm
料金:一人¥3,600(子供¥2,200)/土日祝日¥3,720(子供¥2,250)
消費税・サービス料別途あり
予約:TEL 03-3344-5111(ヒルトン東京代表)またはウェブサイトhiltontokyo.jp

「アリスとハートの女王様の挑戦状」デザートフェアは、デザートブッフェを日本に紹介した先駆者とされるヒルトン・ワールドワイド傘下の国内ホテルが年間を通して随時展開していく「#ヒルトンスイーツ」プロモーションの一環として位置づけられている。

「#ヒルトンスイーツ」について
ヒルトン・ワールドワイド傘下の国内ホテルのうち11軒のホテルが参加し、ランチとディナーの間を彩るスイーツタイムに、これまで提供してきた「美味しいスイーツ」「非日常的で贅沢な時間」に加え、ワクワクするようなインパクトがあり“友達に自慢したくなる”フォトジェニックなスイーツメニューを更に強化した、新たなスイーツ・エクスペリエンス。
ヒルトンのホテルに行けば、年間を通して様々な最高のスイーツ・エクスペリエンスに出逢える「#ヒルトンスイーツ」の主な取組みは下記のとおり。

1.「#ヒルトンスイーツ」の各種プランを一覧で確認できる専用ウェブサイト・インスタグラムアカウントを開設。
http://dining.hiltonhotels.jp/sweets/
2.「#ヒルトンスイーツ」参加ホテルにソーシャルメディア写真撮影の講師を招き、「インスタグラムやフェイスブックで友達にシェアしたくなるようなスマホでの写真撮影」のワークショップを開催。
「#ヒルトンスイーツ」フォトワークショップ@ヒルトン東京は9月15日に開催予定。(先着30名、要予約)近日中に「#ヒルトンスイーツ」専用ウェブサイト(http://dining.hiltonhotels.jp/sweets/)にて開催概要を公開予定。

「水曜日のアリス」について
2014 年にオープンした不思議の国のアリスの世界観をテーマにした可愛くてちょっぴり不思議なコンセプトショップ。アリスのモチーフのお菓子やアクセ、ファッション雑貨が約2,000 種揃い、店内には楽しい仕掛けがそこかしこに散りばめられ、まるで不思議の国に迷いこんだかのよう。現在でも入場制限がかかる原宿の人気ショップである。「水曜日」は一週間の中でも一番退屈しがちな日。そんな平凡な一日が素敵な日に変わるようにとの思いから「水曜日のアリス」という店名が付けられた。現在日本では3店舗展開されている。「水曜日のアリス東京」、「水曜日のアリス大阪」、「水曜日のアリス名古屋」に続き、2016年5月23日には「水曜日のアリス福岡」がオープン予定とさせている。
http://www.aliceonwednesday.jp/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.