「かもめのイタリアン」、東京・代々木に11月1日オープン。“産地買付け”が中心の仏・伊ワイン約1,000本とオーセンティックな伊料理を提供。

更新日:

トライアドジャパン株式会社(本社:神奈川県相模原市南区相模大野3丁目14番20号、代表取締役:野澤 充)は、フランス・ブルゴーニュ地方を中心に直接買い付けしたワイン約1,000本と、オーセンティックな料理を楽しめるイタリアンレストラン「かもめのイタリアン」を、11月1日(土)、東京・代々木にオープンすることを発表した。

【店舗コンセプト】
■La Cave a terroir(ラ カーヴ ア テロワール)
“テロワール”とは土壌・風土・文化などを意味する。「ずっと以前からそこにあるような、豊かな背景を感じさせる心地よい食とワインの空間を提供したい」という想いを込めてキーコンセプトに据えたとの事。店舗は、カーヴ(ワイン貯蔵庫)を想起する地下に設置。“テロワールのあるカーヴ”をイメージしてもらいたいとして、店内のワインセラーにも“La Cave a terroir”の文字を刻んでいる。

料理は「Cucina Autentica(オーセンティックなイタリア料理)」。奇をてらったり、流行ばかりを追う創作料理ではなく、何十年経っても愛され続ける伝統ある本物を提供する。ワインは仏ブルゴーニュの生産者を年に何回も訪ね、直接買い付けしている。イタリアワインも酒屋ではなくインポーターから購入。1本3,000円代のものから50万円以上のものまで幅広く、リーズナブルな価格で提供。米国他で経験を積んだ料理長、オーストラリア他での経験をもつソムリエ、イタリア現地での経験をもつホールスタッフと、インターナショナルなメンバーが「大人の贅沢な食シーン」を提供する。

【メニュー例】
造り手にこだわって厳選したワインとともに、アラカルトで楽しめる。(※価格は税抜き)

・「バーニャカウダ」2,800円
ズッキーニ・カリフラワー・アスパラガスなど8種類もの新鮮野菜を使ったバーニャカウダ。野菜をソースに丸ごと加えて、卓上でグツグツ煮込んで熱々を食べるスタイル。

・「岸さん豚と根菜の白ワイン煮 さつま芋のニョッキ」1,800円 (写真左)
冬場に甘味が増すレンコンやごぼう、さつま芋をふんだんに使った大地を感じる季節メニュー。

・「長崎産ヒメジのアクアパッツァ」2,500円 (写真右)
南イタリアを代表する伝統料理アクアパッツァは、こだわりの鮮魚を堪能できる。

・「ビスティッカ デ フィオレンティーナ」7,000円
豪快なTボーンステーキ500gをみんなでシェアして楽しめる。レアな仕上がりで柔らかく、肉汁たっぷり。

【店舗概要】
正式店舗名:かもめのイタリアン
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目26番11号
電話:03-5413-7505
営業時間:11:30~14:30(LO 14:00)/18:00~23:00(LO 22:30)
坪数:店内30坪
席数:席数35席
定休日:日曜、祝日
想定客単価:ランチ 約1,200円、ディナー 約8,000円

Copyright 2010 TRIAD JAPAN. All Right Reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.