マクドナルド、チョコ掛けポテトにハロウィン版が登場。パンプキン&チョコソースを期間限定発売。

更新日:

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、ハロウィンのシーズンに合わせ、オレンジ色のパンプキンソースと、ブラウンのチョコソースの2色のソースを「マックフライポテト」にかけて食べる「ハロウィンチョコポテト パンプキン&チョコソース」を、2016年9月28日(水)から期間限定で販売することを発表した。

machw1

「マックチョコポテト」は、日本マクドナルド史上初となる「マックフライポテト」と「チョコレート」を組み合わせた驚きの新メニューとして、同年1月に期間限定で販売した。
1971年の販売開始以来45年目にして初となる甘くてしょっぱい新しい味わいが話題を呼び、好評となった。

その好評に応えてこのたび登場するのが、ハロウィンをイメージした「ハロウィンチョコポテト パンプキン&チョコソース」。
パンプキンソースの鮮やかなオレンジ色にチョコレートソースのダークな色合いが掛け合わさって、ハロウィンならではのわくわくカラーになっている。
外はカリッと、中はホクホクの食感で大人気の「マックフライポテト」の絶妙な塩加減に、ほくほくパンプキンの豊かな香り、とろ~り甘いチョコソースの絶妙な味のバランスを楽しめるようになっている。
バリューセットに60円の追加料金で通常の「マックフライポテト」から変更が可能。

発売に伴い、「マックフライポテト」に、パンプキン&チョコソースを思いのままにかけた写真を撮り、「#チョコソース占い」を付けて、Twitterで投稿すると、投稿者の性格を表現した占い結果を届けるキャンペーンを実施。投稿された写真と投稿者のTwitter情報をもとに、「#チョコソース占い」のオリジナルキャラクター、「ジャック・オ・サイバー・ランタン(電脳かぼちゃおばけ)」が画像解析と、言語解析の機能を駆使して“ちょい辛口”な占いを行う。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.