業界初・カゴごと自動生産、ローソンが完全自動セルフレジ機「レジロボ®」の実証実験を開始。

更新日:

株式会社ローソンとパナソニック株式会社は、経済産業省の支援を得て次世代型コンビニエンスストアの実験店舗「ローソンパナソニック前店」において、2016年12月12日より業界初となる完全自動セルフレジ機「レジロボ®」の実証実験を開始する。

RFID(電子タグ)対応「レジロボ®」イメージ


ローソンは、複雑化する店舗業務の効率化を目指す生産性革命を進めており、今回導入する「レジロボ®」は、 お客自身でバーコードをスキャンした商品を専用の「スマートバスケット®」に入れ、バスケットごと専用レジに設置するだけで自動的に精算と袋詰めをするシステム。店員がレジで商品のスキャン登録や袋詰めをする必要がないため、店舗オペレーションの省力化につながる。今後は、バーコードの代わりに、通信情報のやり取りができる、商品スキャンの必要のない電子タグのRFIDを取り付け、利便性向上と生産性向上を図っていきたいとしている。
2017年2月にはRFID(電子タグ)を導入した実証実験を行う予定で、将来的には精算時のスキャン登録を無くしたスピーディな精算でお客の利便性を向上する。

完全自動セルフレジ機「レジロボ®」イメージ


パナソニックは、よりよい暮らし社会の実現に向け、IoT およびロボティクス技術を駆使して、AI ロボティクス家電、 店舗での接客や物流・搬送でのソリューションの提供を目指している。この度、製造業で培った工場での生産性 向上のノウハウやメカトロニクス技術およびセンシング技術を活用し、精算とレジ作業の時間の短縮、および使いやすいセルフレジ機「レジロボ®」を開発。

2013年よりローソンとパナソニックは、両社で協業する「BLUE PROJECT」を立ち上げ、健康、環境、ICTをテーマに活動。ローソンは、パナソニックの技術を活用した温暖化ガスの排出抑制および省エネル ギーに効果があるノンフロン(CO2 冷媒)冷蔵・冷凍システムを約1,600店舗(2016年10月末現在)に積極的に導入するなど、複数の分野で協業している。両社は今後も生産性革命、生活支援などをテーマにした協業を推進し、小売と技術でお客の豊かな生活をサポートしていきたいとしている。

なお、「レジロボ®」は、経済産業省から補助を受けた「平成28年度ロボット導入実証事業」に採択されている。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.