「Cafe1406」ランニングやスポーツバイク等を楽しむ一般「アスリート」を応援。東京・内神田にオープン前向きにチャレンジする「アスリート」なライフスタイル作りを提案。

更新日:

株式会社TMアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役:三宅 利洋)は、ランニングやスポーツバイク等を楽しむ一般「アスリート」を「食」「空間」「イベント」で応援するカフェ・ダイニング「Cafe1406」を、東京・内神田に、グランドオープンしたことを発表した。

カフェ・ダイニング「Cafe1406」:http://www.cafe1406.jp/p/top.html

【「Cafe1406」について】
「Cafe1406」は、生活の一部に、マラソン、スポーツバイク、トライアスロン等といった運動・スポーツを取り込むことで、単なるダイエットやストレス解消では無く、自身の健康や環境と正面から向き合い、何事にも前向きにチャレンジする「アスリート」なライフスタイル作りを提案する。

<「Cafe1406」の特長>
(1)スポーツを多面的に楽しむ空間
黒×茶色で統一感のある内装、コンクリート打ち放しの階段、といったオシャレな雰囲気に、トライアスロンの現役日本代表である細田 雄一選手のユニフォームや、ランニングシューズ、スイムキャップ、スポーツ雑誌、イベント告知ポスター等が、「アスリート」心をくすぐる。

また、TVモニターや大型スクリーンもあり、スポーツバーとしても楽しめる。一般の地上波放送に加えて、Jスポーツにも対応しており、欧州サッカーや日本代表戦、自転車ロードレース、プロ野球、各種目の世界選手権等、様々なスポーツ中継を楽しむことができる。

加えて、30分300円から利用できるランニングマシンやバイクマシン、シャワーブースを用意している。今なら、ランニングシューズ無料レンタル中。皇居からも約1kmと近く、皇居ラン後に美味しいビール、という楽しみ方にもお勧め。

(2)ヘルシーなだけでなく美味しい料理
日本初のアスリートフードマイスターで、食欲コンサルタントとして活躍中の村山 彩氏がプロデュースする料理を、ランチタイムにはプレートとして、ディナータイムには前菜として食することができる。他にも、ランチでは、カレー、パスタ、パンケーキ等が人気。

また、ディナータイムには、ビストロ風の本格的な肉・魚料理も揃っている。「アスリートフード」は「ダイエットメニュー」ではない。体調やタイミングに合わせて必要な栄養を確保することの重要性を理解すれば、美味しい料理をビールやワインと一緒に楽しめる。

(3)イベントへの参加で、きっかけと仲間を作る
店名の「1406」は、トライアスロンの代名詞「アイアンマンレース」の合計距離が由来。(スイム3.8km+バイク180km+ラン42.195km=約226km=140.6マイル)一般に過酷なスポーツと思われているが、最も短い距離の大会なら、初心者でも1時間半前後でゴールできる。市民ランナーや自転車通勤をする人にとっては、そう高いハードルではない。

「Cafe1406」では、暫く運動らしいことをしてこなかった人にも気軽に参加できるイベントを実施し、「アスリート」なライフスタイルと仲間作りをサポートする。グランドオープン以来、皇居ランや都内観光ラン等のイベントを開催してきたが、引き続き、早朝ピラティスやフォトロゲイニング、ポタリング等、様々なイベントを提案していく。

【新店舗概要】
店舗名:Cafe1406(看板表記:CAFE&DINING 1406 TOKYO)
所在地:東京都千代田区内神田3-24-4 9STAGE Kanda 1-2階
定休日:土日祝 (イベントや団体予約時を除く)
営業時間:11:30~23:00 (L.O.22:00)
ランチ、カフェ、ハッピーアワー、ダイニング
価格帯:ランチ 700円~1,000円(税込)
ダイニング 2,500円~4,000円(税込)
TEL:03-6206-8616
URL:http://www.cafe1406.jp/p/top.html
Facebook:https://www.facebook.com/cafe1406

Copyright © 2014 TM Associates Inc. All Rights Reserved.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.