500個の焼りんごを使用したアップルパイ風味ビール「アップルシナモンエール」のクリスマスラベルが本日より期間限定で発売開始。クリスマスシュトーレンとの相性が抜群、焼りんごの仕込みから自社製造したサンクトガーレンの逸品。

更新日:

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は2007年より毎年秋冬限定で発売している「アップルシナモンエール (http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/apple-cinamone-ale/)」のクリスマスラベルを2014年11月17日(月)より期間限定で発売することを発表した。クリスマスラベルの発売は今年初めてとなる。

同商品のベースは“カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールである。“カラメルモルト”は通常のビールに使う麦芽(モルト)をトーストのように軽く焦がしたもので、そのまま食べてもカラメルのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらす。それをベースに焼りんご・シナモン・メープルシュガーを加え、アップルパイのような風味に仕上げたのがアップルシナモンエールである。1回の仕込みには約500個の焼りんごを使用しており、それを焼くところから同社で行っている。

同商品と一緒に合わせる食べ物は、アップルパイはもちろんクッキーやワッフル、パウンドケーキ、バームクーヘンなどの焼き菓子がお薦め。クリスマスに欠かせない焼き菓子シュトーレンとの相性も抜群だ。

■クリスマスとりんごの関係
その昔、クリスマスツリーにはりんごの木が用いられていたが、りんごは冬になると葉が落ちてしまうため、代わりに常緑樹のモミの木が使われるようになり、飾りとしてりんごのみが残ったという説がある。それを受け、クリスマスラベルにはツリーとリンゴを大きく配したデザインになっている。

■“訳あり りんご”を有効活用
アップルシナモンエールに使用しているりんごは長野県伊那市の“訳ありりんご”である。収穫前に落果し表皮に傷ができてしまったもの、色ムラがあるものなど、難があって売り物にならずに廃棄される運命のりんごを買い取ってビールに加工している。こうした廃棄りんごは全体収穫量の3分の1にもなると言われている。

■ 製パン店のオーブンで、焼りんごをつくるところから
同商品の仕込みはりんごを焼りんごに加工するところから始まる。市内の製パン店のオーブンを借り、丸1日かけて500個のりんごを焼きあげ、翌1日かけてビールを仕込んでいる。

  
  

■商品概要
・商品名:アップルシナモンエール(発泡酒)
・内容量:330ml
・希望小売価格:429円(税抜)
・販売場所:同社Webショップ、全国のサンクトガーレン取扱店他

※日本の酒税法ではビールの原料として果物やスパイスの使用が認められていないため、アップルシナモンエールの表記は「発泡酒」。麦芽率は高いため、税率はビールと同じ。

<サンクトガーレンについて>
日本で地ビールが解禁する以前より、地ビール(クラフトビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”。同社の活動がTIMEやNewsWeekなどのアメリカメディアで話題となり、それが日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じた。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれている。

同社が造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義(※1)。ワールド・ビア・アワード(※2)などの国際大会で入賞常連のビールを製造販売している他、一升瓶ビール(※3)、ボジョレー同時解禁 麦のワイン(※4)、バレンタイン限定 チョコビール(※5)など、従来のビールのイメージを覆すような商品を展開している。

(※1)ラガービールとエールビールの違い http://www.sanktgallenbrewery.com/about/
世界的に見ると、ビールは下面発酵製法によって造るラガービールと、上面発酵製法によって造るエールビールの2つに分類される。日本で流通している9割のビールはラガービールですが、サンクトガーレンが造るのはそれとは対極のエールビールである。
エールのほうが高温で発酵させるが、ビール酵母は高温で活動するほど果実のような香り成分“エステル”を生成するため、上面発酵製法で造ったエールビールは「フルーティーな香りに満ちたビール」になる。

(※2)イギリスのパラグラフ・パブリッシング社によるビールの世界的コンペティション「ワールド・ビア・アワードにおいて下記通り受賞。
●「ワールド・ビア・アワード2013」のIPA部門でワールドベストに、フレーバービール部門、スタウト&ポーター部門でアジアベスト受賞。
http://www.sanktgallenbrewery.com/about/prize/WBA2013.html
●「ワールド・ビア・アワード2014」のゴールデンエール部門、アンバーエール部門、IPA部門でアジアベスト受賞。
http://www.sanktgallenbrewery.com/about/prize/WBA2014.html

(※3)一升瓶ビール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/kansha/
その名の通り一升瓶入りのビールで、「お酌文化のある日本に、究極のお酌ビールを」と企画された。
ラベルにはビールでは珍しい和紙を使用し“感謝”と大きく刻んでおり、結婚式や年末年始の宴席に、父の日やお歳暮の贈答品利用が多く見受けられる。

(※4)ボジョレー同時解禁 麦のワイン http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/el-diablo/
バーレイワインはビール4大大国の1つ、イギリスを発祥とするビールのスタイルの名前である。その昔、寒冷でブドウの栽培ができなかったイギリスが、フランスワインに対抗して作ったものと言われている。ビールでありながらワイン並にアルコールが高く、ワインと同じように月日を経て熟成していく点が特徴だ。

(※5)バレンタイン限定 チョコビール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/valentine-chocolate/
高温で焦がした“チョコレート麦芽”でビターチョコのような風味を表現したビールです。
アルコール9%で2年間熟成可能な「インペリアルチョコレートスタウト」の他、マーマレードに使われるオレンジを使用した「オレンジチョコレートスタウト」、バニラビーンズで甘い香りを溶け込ませた「スイートバニラスタウト」などがある。

© サンクトガーレン有限会社

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.