洋菓子「シーキューブ」が“森永ミルクキャラメル”とコラボ、しっとり“ふんわり”焼き菓子が誕生。

更新日:

株式会社シュゼット・ホールディングスが展開する洋菓子ブランド「シーキューブ」は、東京の地で100年以上愛されている味わいを使った東京土産『東京百年物語』シリーズの販売を開始する。第一弾として『森永ミルクキャラメル』とコラボレーションした『東京百年物語-焼きキャラメル-』を2017年6月7日(水)より大丸東京店にて先行販売し、その後、JR東京駅や成田空港・羽田空港などの交通系販路へと販売を拡大する。先行販売する大丸東京店では6月13日(火)まで専用ブースを設置する。

しっとり、ふんわりと焼き上げた生地に『森永ミルクキャラメル』の味わいをイメージしたソースを染み込ませて作った『東京百年物語-焼きキャラメル-』。北海道産の上質な生乳から作られたなめらかでコクのあるマスカルポーネチーズを使用し、小麦も北海道産のものを使うことで、適度な弾力としっとり滑らかな口当たりに仕上げた。そこに『森永ミルクキャラメル』をイメージしたソースと自家製キャラメルを組み合わせることによって、ほろ苦さと甘さの絶妙なバランスが実現した逸品となっている。

■商品情報
商品名称:東京百年物語 -焼きキャラメル-
発売日:2017年6月7日(水)
販売価格:4個入り 680円(税込価格)/6個入り 977円(税込価格)/10個入り 1,625円(税込価格)
販売店舗:<6月7日(水)~6月13日(火)>大丸東京店 1階MVPスイーツ
<6月14日(水)~6月28日(水)>JR東京駅 グランドキヨスク東京/銘菓処おもたせや/ギフトキヨスク八重洲南
     <6月21日(水)~7月4日(火)>KeiyoStreet (京葉ストリート)
     <6月16日(金)~7月31日(月)>成田空港 第1ターミナル東京食賓館/第3ターミナル東京食賓館
     <7月1日(土)~9月30日(土)>羽田空港 第2旅客ターミナル2階 東京食賓館時計台1番前
     <7月5日(水)~>シーキューブ エキュート東京店

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.