モス、肉で挟んだ「にくにくにくバーガー」“おいしい”と話題。バンズの意味を再確認する声も。

更新日:

モスバーガーが2017年6月21日(水)より期間限定販売を開始した「にくにくにくバーガー」が話題を集めている。さっそく食べた人たちから「肉汁すごい」「通常メニューにしてほしい」「でも高い」など様々な声があがっている。

同商品は、バラエティー番組「有吉弘行のダレトク!?」(関西テレビ放送制作)の人気企画「没メニューレストラン」第3弾に登場した商品で、価格は850円。2017年6月21日(水)~2017年6月27日(火)まで全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて発売している。

まずは、ビジュアルインパクトがすごい。

「おいしかった」の声続々。

肉汁を吸う役割のバンズがない、手が熱いなどバーガーの意味を再確認する声も。

通常のハンバーガーならば、ほおばる際に溢れ出す肉汁をバンズがある程度吸い込んでくれるが、そのバンズがないため、肉汁がしたたる自体が発生している様子。また、あつあつの肉の部分を手に持って食すことになるため、食べる時に手が熱いという声も。バンズが「熱さ対策」と「肉汁漏れ対策」も兼ねていたことに気がつく人々が続出している。

低糖質でヘルシーという声も。

糖質を抑えるために開発されただけあって、ボリュームのわりにヘルシーと、糖質制限中の人にも人気。

お値段を気にする声も。

期間限定の今だけしか食べられない商品で、期限はあと5日間と迫ってきている。

「にくにくにくバーガー」は、モスオリジナルの焼肉だれに漬け込んで焼き上げた牛バラ肉と、直火焼チキンにグリーンリーフやレタスをあわせ、バンズ(パン)の代わりにパティ(お肉)で挟んだ。塩などでシンプルに下味をつけた鶏もも肉(一枚肉)は、じっくりと直火焼きし、皮はパリッとこんがり焼き色をつけて、中はジューシーに。焼肉、直火焼チキンにパティと、お肉づくしのボリューム満点のハンバーガーとなっている。

■商品名・価格:「にくにくにくバーガー」(850円)*AM10:30からの時間限定・店内飲食専用商品
■販売期間:2017年6月21日(水)~6月27日(火)*期間限定
■販売店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.