5人に1人が「雪印コーヒー」でコーヒーデビューしていた、不動の“懐かし”コーヒー乳飲料が55年目。

更新日:

雪印メグミルク株式会社が実施した『「雪印コーヒー」飲用経験調査』により、「雪印コーヒー」でコーヒーデビューした人はインスタントコーヒーでデビューした人に次いで多く、全体の5分の1以上を占めることが分かった。

「雪印コーヒー」は、老若男女問わず幅広い層から支持を得ている日本を代表するコーヒー味の乳飲料で、今年発売55年目を迎えた。これまでどのように飲まれてきたのかを確認するために20代から50代の男女を対象に「雪印コーヒー」の調査を行った。
「雪印コーヒー」を一番飲んでいた時期としては小学生時代をあげる人が最も多く、小学生時代には、おやつとして、またはおやつと一緒に「雪印コーヒー」を飲むケースが多いことも分かった。

“懐かし”のコーヒー乳飲料として不動のポジション




普通のコーヒーよりも甘さがあり苦味もマイルドなので、小さいお子様でも飲みやすいためだと考えられるとのこと。また、少年少女時代のいろんな思い出を喚起させる“懐かし”のコーヒー乳飲料として、同社は、「雪印コーヒー」は不動のポジションを築いていると考えられるとしている。
今年は、より多彩な「雪印コーヒー」ファミリーをラインナップしている。


(調査概要)
調査方法:インターネット調査
対象者:全国の20~59歳の男女
調査時期:2017年5月13日(土)~16日(火)
有効回答数:290名

「雪印コーヒー」シリーズラインナップ

パンにぬる「雪印コーヒー」誕生。発売55年目のロングセラーコーヒー牛乳がパンスプレッドに。


「雪印コーヒー」に“大人向け”と“贅沢”チルドカップが新登場。発売55年目の新たな挑戦。


雪印コーヒーに“シェイク風半デザート飲料”誕生。5回振ってふんわりとろっと食感。


雪印コーヒーがトールカップデザートに。「たべる雪印コーヒー」9/29より全国で新発売。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.