三つ星「かんだ」店主の贅沢“わっぱ飯”が「ディーン&デルーカ」に数量限定で登場。

更新日:

DEAN&DELUCA(ディーン アンド デルーカ)は、10年連続ミシュランガイド三つ星を獲得する日本料理店「かんだ」店主のレシピ本「神田裕行のおそうざい十二カ月」(暮しの手帖社・刊)より、「トマト牛丼」と「鰯の蒲焼き丼」の2種類を、今回の発売のために少しアレンジを加え9月25日より期間・数量限定にて販売する。

「食するよろこび」を提案してきたDEAN&DELUCAとして、新たな食の世界を広げお客様に提案するために、和食のプリペアードフード(デリ)の深堀を目的とし、和食のARTISAN(職人)である神田氏との取組みを行うこととなった。さらに、DEAN&DELUCAのレシピ開発に携わるシェフに、神田氏から直接手ほどきを受ける時間を設けることで、シェフのスキルアップや新たな発見をする機会、経験値向上をも目指している。

商品内容

阿波牛とトマトのすき焼き飯 ¥1500(税抜)


徳島県黒毛和牛の阿波牛(あわぎゅう)を使用。まろやかな甘みのある柔らかい霜降り肉にトマトの酸味が 加わり、しっかりとしたコクがありながらもさっぱりしているわっぱ飯。神田氏と試作を重ねた結果、レシピにはなかった秋の味覚として「しめじ」を加えてる。

うるめ鰯とクレソンの蒲焼き飯 ¥1200(税抜)


高知県産一本釣りうるめ鰯を使用。うるめ鰯は、鮮度落ちが非 常に早いことから希少な品種と呼ばれている。 ふわふわの鰯にしっかりと蒲焼のたれが絡んでいる。さらに、クレソンとのり、三杯酢を合えることでのりに三杯酢がよく染み渡りっている。

商品概要

神田氏の出身地が徳島県であることから、メインとなる食材(米・肉・鰯)は四国県産のものを使用。包材は、天然の杉を使ったわっぱを使用。電子レンジにて温めることができる。
【発売期間】2017年9月25日(月)~10月1日(日)
【取扱店舗】六本木店/有楽町店/品川店

神田裕行(かんだひろゆき) 1963年徳島生まれ。大阪で日本料理の修業後、1986年に渡仏、日本料理店の料理長に。1991年に 帰国、徳島の「青柳」で13年勤務ののち、2004年、東京・元麻布に「かんだ」を開店。2017年9月現在、 ミシュランガイド東京において10年連続で三つ星を獲得している。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.