超高価なコーヒー豆で有名な「コピ・ルアク」を野生・飼育・オス・メス別で飲み比べ。

更新日:

株式会社エフ・エヌ・エスは、希少価値が高いと言われているジャコウネコ珈琲(バリ産)を販売するECサイト「Bali Bali Coffee」を2017年12月13日にオープンした。

同サイトでは、野生・飼育・オス・メスの12g~100gまでのジャコウネコ珈琲を販売している。

ジャコウネコ珈琲はインドネシア語でコピ・ルアク(Kopi Luwak)と呼ばれるジャコウネコの糞から採取した未消化の珈琲豆で、世界一希少価値が高いと言われている。
ジャコウネコの糞から採取した珈琲豆を選別・洗浄・乾燥・管理・分別し、ジャコウネコ珈琲が誕生する。

ジャコウネコの腸内で細菌や酵素が働くことにより、珈琲豆の香りを引き立たせる効果がある。
ジャコウネコにもオスとメスの種類があり、オスは少しビターで後味がさっぱりしている特徴があり、メスは少し酸味があり飲みやすい特徴がある。
また、飼育されているジャコウネコからとれたジャコウネコ珈琲と野生のジャコウネコからとれたジャコウネコ珈琲でも味に違いがあるため、同サイトでは両方の味を楽しめるように、飼育・野生のジャコウネコ珈琲を販売している。

■オス・メスの特徴について
オス…味に深みがあり、香りも強い
メス…少し酸味があり、飲みやすい
さらに野生と飼育のジャコウネコでは、野生のジャコウネコの方が香りが強く、味も濃厚。

商品概要

価格 :4,800(税込)~30,500円(税込)
種別 :野生・飼育・オス・メス
サイズ:12g~100g

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.