【スタバ初ランチボックス】バジル&ヌードルとトムヤム&ポークの2種が新登場

更新日:

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、2018年4月18日(水)より、さまざまなグレインをトッピングした野菜にパスタとお肉を合わせ、バランスとボリュームの両方を考えた、『スターバックス® デリボックス バジルヌードル&ローストチキン』、『スターバックス® デリボックス トムヤムヌードル&ローストポーク』の2種類を全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて販売する。

スターバックスの新しいランチの選択肢「デリボックス」

スターバックスでは初登場となる、「スターバックス® デリボックス」は2種類。どちらも、グレイン(雑穀)をトッピングした5種類の野菜や豆などの具材と、パスタ、お肉を組合せ、バランスとボリューム感の両方を大切に考えた新しいランチの選択肢で、スターバックスのランチを、その日の気分に合わせて「自分好み」に選べる幅がひろがった。

バジルとチキンの黄金コンビ

イタリアンテイストを感じる『スターバックス® デリボックス バジルヌードル&ローストチキン』に入る野菜は、レタス、サニーレタス、皮つきブラックペッパーポテト。そして7種類のグレインと赤ピーマン、黄ピーマン・紫玉ネギ・きゅうりをワインビネガーでマリネにしたグレインマリネサラダをトッピング。添えた、ワインビネガーを効かせてさっぱりした酸味に仕上げた、トマトドレッシングがぴったり。さらに、リングイネにたっぷりのバジルソースを絡めた、香り豊かなバジルヌードルと、肉厚でジューシーなローストチキンのボリューム感が特長となっている。

トムヤムヌードルとレモンドレッシングがあとひく美味しさ

アジアンテイストを感じる『スターバックス® デリボックス トムヤムヌードル&ローストポーク』には、レタスとサニーレタスに、レッドキドニー、きゅうり、紫キャベツを合わせ、押し麦ビーンズサラダをトッピングした野菜や豆などが入る。豊かな香りが特長のシチリアレモンを使用したレモンクリームドレッシングを添えた。そして、この季節にはたまらない、アジアンスパイシーな程よい辛さが後を引く、トムヤムソースをペンネに絡めたトムヤムヌードルと、肉厚なローストポーク、ハーフカットしたゆで卵が満足感をうみます。スパイシーさ、レモンの香りが暑い時期でも食欲をそそるようになっている。

商品概要

■商品名:
スターバックス® デリボックス トムヤムヌードル&ローストポーク (左)
スターバックス® デリボックス バジルヌードル&ローストチキン (右)
■価格:¥620 ※表示価格は本体価格(税抜価格)です
■販売期間:2018年4月18日(水) ~
■取扱店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.