月刊ムー全面監修「日清U.F.O.」コラボ企画始動「全国統一 UFO対策模試」を実施

更新日:

日清食品株式会社は、6月24日「U.F.O.の日」に向けて、「全国統一UFO対策模試」を6月1日(金)よりWebサイト上で実施する。
同模試は、2018年2月27日の国会答弁において、政府がUFOについて「存在を確認したことはなく、対応についても特段の見当を行っていない。」と発言したことを受け、日清焼そばU.F.O.が同じ名を冠するブランドとして、この危機的な状況を解消し、UFOに対して然るべき対策を講じるべく実施するもの。

模試の設問は、世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン 月刊『ムー』が全面的に監修し、UFO襲来時に身を守るために必要な知識を、設問に答えながら身につけることができる。模試は全部で15問。「触れても安全なUFO」「UFOを発見した場合の通報先」など、設問のすべてが実践的かつ効果的な内容となっている。

また、本当にUFO対策は必要ないのかどうかという問題に対して国民の意思を問う、「UFO国民投票」も併せて開催する。

※UFOの日:1947(昭和22)年6月24日に、アメリカで初めてUFOが目撃されたことが「UFOの日」の起源。ケネス・アーノルド氏が飛行機で移動中に、時速約2,700kmもの速度で9機の見慣れない飛行物体を発見。これが全米で報道されると、同様の目撃証言が相次いだ。

全国統一UFO対策模試について

2018年2月27日、日本政府は未確認飛行物体UFOについて「存在を確認したことはなく、対応についても特段の見当を行っていない。」という答弁書を閣議決定したほか、2007年にも「(UFO の)存在を確認していない」という公式見解を発表しています。度々話題には上るものの、UFO への対策がなされていない実情を受けて、「全国統一UFO 対策模試」の開催を決定しました。
「全国統一UFO 対策模試」は、実際にUFO が襲来した時のシチュエーションを想定しながら、どのような対策を取るべきか、どのような行動を取るべきかについて、月刊『ムー』監修のもと、クイズ形式の設問としてまとめました。回答後の解説も充実しており、UFO 襲来から身を守る術を楽しく学ぶことが可能です。
また、模試を受験した方を対象として、抽選で1,000 名様にUFO 対策修了証(オリジナルクオカード624 円分)をプレゼントいたします。

「全国統一UFO 対策模試」実施概要

UFO 対策修了証(オリジナルクオカード624円分)応募方法:
『6月24日はU.F.O.の日キャンペーン』特設サイトにて、「全国統一UFO対策模試」の全ての問題を回答し、その後出てくるUFO対策力の判定結果をTwitterでシェア
(※応募には、日清焼そばU.F.O.公式アカウントのフォローが必要です。)
期間:2018年6月1日(金)~6月24日(日) 23:59
特典:抽選で1,000名様にUFO対策修了証(オリジナルクオカード624円分)を発行。
当選発表:2018年7月中にTwitterのダイレクトメッセージにて当選通知

日清食品よりUFOに関するコメント

2018年2月27日。日本政府は未確認飛行物体UFOについて、「存在を確認したことはなく、対応についても特段の検討を行っていない」との答弁書を閣議決定しました。しかし一方で、UFO の目撃情報は年々増え続けており、米国の研究によると、その数は30 年前の4 倍以上にあたる45,000 件に達するとも言われています。
同じ名を冠するブランドとして、この危機的状況を放っておく訳にはいかない。日清焼そばU.F.O.は政府に代わって自主的に立ち上がります。国が守ってくれないなら、自分の身は自分で守るしかないから。UFO 襲来の日に備え、いま国民一人ひとりに万全のUFO 対策力をつけることこそが、いま求められる新しい防災力といえます。

各設問内容

「全国統一UFO 対策模試」は全15問。以下は代表的な設問です。月刊『ムー』監修のもと、過去のUFO 発見・遭遇事例などをもとにUFO 対策力をつける問題を作りました。
特設サイトにて、ぜひ受験してみてください。
【問題】 このタイプの異星人に遭遇した場合、正しい対処はどれか?
選択肢:①布で鼻と口を覆う ②サングラスをかける ③耳をふさぐ ④おへそを隠す

同時開催!UFO国民投票について

「全国統一UFO対策模試」によって自身のUFO対策力の必要性を認識した人たちにむけ、日本にUFO 対策は必要ないのだろうか?という疑問を、国民投票形式で問う「UFO国民投票」を実施いたします。投票の結果は、6月末に発表の予定です。同時に、「全国統一UFO対策模試」の受験者プロフィールも発表を予定しています。

「UFO 国民投票」概要


『6月24日はU.F.O.の日キャンペーン』特設サイトにて、「日本には、UFO対策が必要だと思いますか?」の投票を受け付けています。ぜひあなたの一票をお願いします。
投票期間:
2018年6月1日(金)~6月24日(日) 23:59

<『6月24日はU.F.O.の日キャンペーン特設サイトURL>
http://www.nissin-ufo.jp/taisaku/

6月24日のUFOの日について

1947年6月24日、アメリカで初めてUFOが確認されたことをきっかけに「UFOの日」が制定されました。
この日、アメリカの実業家 ケネス・アーノルド氏が飛行機で移動中に、ワシントン州レニヤ山の上空付近にて強い閃光を目撃しました。その後、一直線に並ぶ9機の見慣れない飛行物体が、高速で急降下や急上昇を行いました。
アーノルド氏はこの物体を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と呼び、これが全米に報道されました。その後、同様の目撃証言が相次ぎ、アメリカ軍まで調査に乗り出しましたが、この飛行物体に関する具体的な正体や証拠は見つかりませんでした。
最初に発見された時から70年余りの月日が経った今もなお、UFOの目撃情報は後を絶たず、謎に包まれたままですが、人々のUFOへの思いもやむことがありません。
日清焼そばU.F.O.は、同じ名を冠するブランドとして、この「6月24日はUFOの日」を日本全国に根付かせるべく、毎年、キャンペーンに取り組んでいます。6月24日を、日本国民全員が、日清焼そばU.F.O.を食べながら、UFOについて考えてみる日となることをめざしています。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.