国際プリン協会×プリン研究所、日本全国の会員に実施したアンケートデータを元に作られた究極のプリン「生粋~KISUI~」が販売開始。

更新日:

プリン研究所(本店:大阪府大阪市、所長:北村 佑介、以下 プリン研究所)は、国際プリン協会とコラボレーションし、プリン好きのための究極のプリン「生粋~KISUI~」を本日(2014年8月7日)より販売開始したことを発表した。

「生粋~KISUI~」は、様々なプリンがこの世の中にはあふれていることへ疑問を持ったプリン研究所が国際プリン協会にアンケートを依頼して、そのアンケート結果を元に作られた。厳選した材料で試作・試食を重ねて完成に至った、まさにプリン好きのための究極のプリンとなっている。

(商品イメージ)

《特長》
■ご当地牛乳グランプリ最高金賞受賞。岩手県「中洞牧場牛乳」
完全自然放牧という日本では珍しい自然のままに牛を育てる「なかほら牧場」は、ご当地牛乳グランプリで、最多部門で金賞を受賞し、最高金賞を受賞。
その牛乳の風味を壊さないように低温で殺菌し、自然のままのおいしさを重視し、ノンホモで仕上げた。また、自然のままに育てているので季節により味が変化し、季節によって微妙な味の変化があり、飽きることがない。
さらに日数が経過するごとに甘くなるという他には類を見ない特徴があり、プリンにしても日数が経つと甘みを増すという、まさに究極といえる牛乳となっている。

■幸せの青い卵を生むアローカナの卵。福岡県「あおやぎの青たまご」
「アローカナ」は、世界で唯一、殻の青い卵を生む鶏です。その珍しさ故に、幸せを運ぶ鶏だと言われている。アローカナの卵は、通常の2倍以上のレシチンを含む濃厚な卵黄で甘み、旨みが強くプリンに力強いコクを与え、また卵白は匂いが少なく、プリンに程よい卵の香りを付けてくれる。
「アローカナ」を育てている青柳養鶏場は、鶏を健康に育てるために必要だと言われている魚粉を卵の匂いの原因となるため与えず、専門家に依頼して独自の配合でエサをブレンドし、魚粉がなくても鶏が健康に育てる技術を生み出し、匂いのない美味しい卵を作っている。

■素材を生かすためのフランス産ゲランドの塩
塩には旨みを引き出す力があります。砂糖を極力入れずに、素材の甘みを引き出す塩を隠し味に入れることで、さらに深い味わいを出すことができた。甘みがあり、ミネラルが豊富なゲランドの塩は、通常の塩よりも素材の味が引き立つ。

■素材を生かすためのグラニュー糖
牛乳、卵を主役とするプリンを作りたかったので、和三盆糖やきび砂糖などその他の味を加えることは牛乳や卵の味を邪魔してしまうため、単純に甘みを加えるだけのグラニュー糖を使用。

【「生粋~KISUI~」の概要】
名称   : 国際プリン協会プロデュース「生粋~KISUI~」
発売開始日: 2014年8月7日
販売料金 : 単品 800円(税込864円)
4個入り 3,200円(税込3,456円)
6個入り 4,800円(税込5,184円)
内容量  : 120g
賞味期限 : 配送日から10日
販売店  : プリン研究所オンラインショップ

【店舗概要】
店舗名   : プリン研究所
所在地   : 大阪府大阪市西淀川区佃3-1-7
定休日   : 不定休
営業時間  : 10:00~20:00
価格帯(1個): 600円~5,000円(税別)
TEL/FAX  : 06-6657-6099/06-6657-6098

 

Copyright © プリン研究所

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.