牛の希少部位「芯ロース」を素材とした「極希少松阪牛特選芯ロース ローストビーフ」を本日より本格販売開始。

更新日:

素材、調理法にこだわった「ローストビーフ」を専門に提供するインターネット・ショップ「たわら屋」(運営:有限会社こうよう樹、総支配人:曽根 弘生)は、3月1日(日)より、牛の希少部位のひとつである「芯ロース」を素材とした『極希少松阪牛特選芯ロース ローストビーフ』の販売を本格展開することを発表した。

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfZHpIYXNVaUJzWC5qcGc

▼URL:http://www.tawara-ya.co.jp
▼URL:http://www.tawara-ya.co.jp/fs/tawaraya/ribrohsu/gd138

【素材と調理法、いずれも贅を尽くした逸品「極希少松阪牛特選芯ロース ローストビーフ」】
同店は、インターネット・ショップ開設3年目を迎えた2014年3月、さらに上質な「ローストビーフ」を提供したいとして、松阪牛特撰芯ロースを使用した『極希少特選芯ロース ローストビーフ』の販売を開始。

「芯ロース」とは、非常に柔らかで霜降りが多く、肉そのものの味わいが深い「リブロース」の断面中心付近の部位である。その量は1頭の牛のうちわずかに2~3キログラムで、流通量も少なく、極希少部位として珍重されている。

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfYVh5REJmZEVJay5qcGc

同店では、国産ブランド牛の最高峰に位置する松阪牛の芯ロースを素材に、さしが入っていながら、しつこくもくどくもなく、ほどよい甘さが舌にひろがる逸品に仕上げている。作り置きは一切せず、注文をうけてから調理し、もっとも美味しく食べることのできる状態で提供してきた。

約1年間販売してきた中で、安定的な販売を望む多くの声が寄せられたことから、今回本格的な販売を開始することとなった。販売価格は、300グラム150,000円(送料含む・消費税別)。

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfZEtHSUF3VGliaS5qcGc

【インターネット・ショップでは唯一のローストビーフ専門店】

同店は、上質な肉を家庭で手軽に味わい、かつ、食卓を彩り、さまざまなシーンを華やかに演出し、多くの人々に幸せを感じてもらいたいとの願いから、2012年に「ローストビーフ」の専門インターネット・ショップを開設。

素材とする牛肉は、すべて契約ファームで肥育された、「神戸牛」「近江牛」「松阪牛」「静岡そだち」といったブランド黒毛和牛に限定しており、調達に際しては日本料理老舗旅館で修業を重ねてきた料理人自身が生産地に足を運び、活き活きと育つ姿を見守りながらその肉質の状態を見極めていく。

使用する部位は、ロースに加えて、サーロインや、「シンタマ」と称されるもも肉の一部の希少部位「とも三角」など。和食を極めた調理人の技と、醤油をはじめとする日本料理の調味料による独自の調理法により、芳醇で繊細でありながら濃厚な旨味があり、ステーキよりも美味しいと評価される「常識を覆すロースト肉」へと生まれ変わる。

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfZmtJZlZvYWpoYi5qcGc

【お取り寄せネット ショップ自信の逸品部門『金賞』を受賞】
同店が提供する特選ローストビーフは、子どもから高齢者まで、誰にでも喜ばれるより上質な贈り物として活用されており、出産・結婚・新築・快気などの内祝い、引き出物など、ワンランク上の個人贈答品のほか、法人ギフトとしての需要にも応えている。また、生活の中の彩とすることで、上質な家庭団欒の演出にも役立てられている。

こうしたことが評価され、「お取り寄せネット ショップ自信の逸品部門『金賞』」を受賞するなど、ショップ開設3年にして、早くも極めて高い評価を得ている。

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfTVl2UUZMT1lNSi5qcGc

czMjYXJ0aWNsZSMzOTMwMCMxMzgzMjEjMzkzMDBfb3hYbGpLQnRpVy5qcGc

Copyright © TAWARAYA

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.