無添加フルーツジュース専門店「こちるcochill juice」に新感覚かき氷が登場

更新日:

株式会社マイフローレスは、こだわり産地の無添加フルーツジュース専門店「こちるcochill juice」(同)にて、夏季限定商品「こちるごおり」の販売を開始します。

商品誕生の背景

年々暑さが厳しくなるばかりの日本の夏、涼を求めてかき氷を食べる人も多いと思います。近年では、専門雑誌が発売されるなど熱心なファンも多いかき氷ですが、一方で、お店のかき氷は、「量が多くて食べきれない」「体が冷えすぎてしまう」といった悩みを抱えている人も少なくありません。屋台などで提供されるかき氷や市販のシロップは「甘すぎる」「着色料が気になる」と健康面を気にする人も多くいます。
同店は、日頃より産地や素材にこだわった無添加・砂糖不使用のフルーツジュースを提供しているため、フルーツを知り尽くしたフルーツジュース専門店ならではのかき氷を開発しようという考えに至りました。

また、新型コロナウイルスの流行により、いまだ店内での飲食が憚られる状況下において、同店では、食べきりサイズ・テイクアウト可能なかき氷を用意しています。

商品の特長

1.こだわりの苺のみを使用
氷を使わないかき氷「こちるごおり」に使用する苺は、静岡県産の紅ほっぺのみとなっています。
直接契約している生産農家より、食べ頃のタイミングで収穫し、直ちに瞬間冷凍した苺を仕入れています。
紅ほっぺは、甘いだけでなく、苺本来の上品な酸味も持ち備えているのが特長となっています。この酸味が、口に入れた瞬間の爽やかさと、シロップと混ぜた際の上品な甘みを演出しています。
また、紅ほっぺは他の品種に比べ、実の内部まで赤いという特長も持っています。そのため、実を薄くスライスした際に、見た目も鮮やかな赤色を楽しめるようになっています。

2.冷凍フルーツ専用かき氷機による滑らかな口あたりを実現
これまで、冷凍したフルーツを削るためには、小さいキューブ型の氷が使用できるかき氷機を使うしかありませんでした。しかし、残念ながら食感はガリガリと硬く、粗い仕上がりを余儀なくされてきました。
ブロック氷(大きな塊氷)用のかき氷機でないと、近年人気のふわふわ食感のかき氷を作ることが困難とされてきましたが、この度、冷凍フルーツでもふわふわ食感を実現できる専用のかき氷機によって、ふわふわな削りと口に入れた瞬間にとろける食感を実現した「こちるごおり」を誕生させることができました。

3.食べたいときに、手軽に食べられるかき氷
同店では、テイクアウトにて「こちるごおり」を提供しています。容器の大きさは360mlカップのため、女性や子どもでも、一人で食べきれる分量となっています。
手軽にクールダウンしたい時や、フルーツジュースや軽食とあわせて食べたい時にも、ちょうどよい分量と言えるでしょう。
コロナ禍における「新しい生活様式」に即した飲食のスタイルが求められる中、テイクアウトで手軽に味わえる商品となっています。

商品概要

「こちるごおり」レギュラー …600円(税込)
「こちるごおり」アイストッピング …700円(税込)

店舗情報

こだわり産地の無添加フルーツジュース専門店「こちる cocchill juice」
 所在地  東京都江東区亀戸7-9-14 ビアーレ亀戸1F
 電話番号 03-5875-5116
 営業時間 10:00~20:00
 定休日  木曜日(祝日の場合は営業)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.