【ラーメン魁力屋】色とりどりのトッピングが特製カレーと相性抜群!『カレーまぜそば』期間限定で販売開始

更新日:

京都北白川ラーメン魁力屋をチェーン展開する株式会社魁力屋、(本社:京都市中京区、代表取締役社長:藤田 宗、以下魁力屋)は、2020年10月15日(木)より、「カレーまぜそば」を路面店限定で販売開始します。

スパイシーでクセになる「カレーまぜそば」

「カレーまぜそば」は、数種類のスパイスを魁力屋独自の製法で調合した特製カレータレと特製の麺を和え、色とりどりのトッピングをのせた汁なしまぜそばです。日本の国民食ともいわれるカレーと食べごたえのある中太麺という新しい組み合わせで誕生させた魁力屋が自信をもってすすめする逸品です。特製カレータレにはリンゴとはちみつを隠し味に加え、辛さの中にもほのかな甘味と香辛料の風味で旨味を絶妙に感じられる1杯に仕上がりました。期間・数量限定の販売となります。

≪カレーまぜそば≫780円(税別)858円(税込)※麺の大盛り+100円(税別)
販売店舗:路面店舗(※一部除く)
販売期間:10月15日(木)~12月2日(水)予定
(使用するアレルギー物質(28品目中)小麦・卵・乳・大豆・牛肉・豚肉・鶏肉・りんご・ゼラチン・アーモンド)

※路面店舗のみの販売となります。(一部店舗を除く)
※販売店舗、商品に関する情報はHPで確認ください。
※店舗の運用状況などにより変更する可能性があります。
※最新情報はHPにて掲載します。

新型コロナウィルス感染症予防の取り組みについて

「お客様に安全・安心してご利用頂くと共に、店舗社員・アルバイトへの感染症予防の為、以下の取り組みを行っております。お客様のご理解ご協力をお願いいたします。
・スタッフの健康管理及び、手洗い、マスクの着用の徹底。
・店内のアルコール消毒を含めた衛生管理及び、換気の徹底。
・お客様へ入店時に手指のアルコール消毒のお願い。
・接触防止の為、お会計時のキャッシュトレイの使用。など

(資料:店内外告知(POP) 「新型コロナウィルス感染症対策」)」

<京都北白川ラーメン魁力屋>とは


京都北白川ラーメン魁力屋は2005年に京都の北白川、ラーメンの激戦区で誕生しました。看板商品は「あっさりしているけれどコクと深みのある京都背脂醤油ラーメン」をコンセプトに展開してきました。ラーメンの「かえし」である醤油ダレは試行錯誤を繰り返し現在の味が完成しました。スープに合わせる麺は数百種類の中から厳選した小麦粉を使った魁力屋特製の低加水麺。角刃24番で切り出した中細麺、決まった温度と湿度で熟成させることによりスープとのバランスが絶妙な、のど越しの良い麺に仕上がっています。また、醤油ラーメンと相性抜群なチャーシューは良質な豚のウデ肉を使用しています。醤油ダレで炊くことでしっかりと味がつき、柔らかく食べやすいのが特徴です。
今では老若男女問わずたくさんの人に好まれ、どこか懐かしいラーメンとして支持を得ています。その他、若い方を中心に好評のボリューム満点の定食があるのも魁力屋の魅力のひとつです。1番人気の「焼きめし定食」は醤油ラーメンで使用している醤油ダレで仕上げることでラーメンとの相性がピッタリです。その他、唐揚げや餃子の定食、一品物も取り揃えています。魁力屋ではラーメン店ならではのカウンター席だけではなく6人掛けができるボックス席も用意しています。

魁力屋公式サイト:   http://www.kairikiya.co.jp/

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.