新幹線で仕入れた「にこにこベリー」を使用!GODIVA café Tokyoに春の苺の新メニューが登場

投稿日:2021/03/24 16:29 更新日:

ゴディバ ジャパン株式会社が昨年11月に開業した「GODIVA café Tokyo」において、3月29日より苺を使った春の新メニューをドリンク・スイーツで1種類ずつ発売します。今回、新メニューの発売にあたり、出店先であり、東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ」等を運営する株式会社鉄道会館とプロジェクトを発足。東北新幹線「やまびこ」で仙台駅から東京駅まで輸送仕入れした新鮮な苺を使っています。

宮城から新幹線で届く「苺」。東京駅だから叶う鮮度を保った輸送

今回、鉄道会館との共同プロジェクトで、東北新幹線「やまびこ」による荷物の輸送サービスを実施し、宮城県産の食材をメニューに取り入れることを試みます。東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台市若林区荒浜。この場所に、地域の方々や国内外からお客が訪れ、被災地復興に向けた新たな賑わい創出を目指し、震災から10年目の節目を迎える今年、体験型観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま(運営:仙台ターミナルビル株式会社)」が3月18日に開業しました。開業に先立ち、同農園が栽培する「にこにこベリー」という品種の苺を使い、スイーツメニューでは大変人気のあるパルフェを苺仕様にしたもの、苺とヨーグルトの爽やかな冷たいドリンクの2商品をGODIVA café Tokyoで開発しました。

「にこにこベリー」は宮城県のオリジナル品種で、一昨年デビューしたばかりの新しい品種となっています。宮城で育成された「もういっこ」と「とちおとめ」の交配品種で、12年という長い時間を経て誕生した苺となっています。新幹線による荷物の輸送サービスはスピーディーで定時性が高いため、鮮度を保ったまま届けられるのが特徴となっています。「GODIVA café Tokyo」はJR東京駅に直結する施設内の店舗であるため、駅からの陸路輸送もなく一層フレッシュな苺スイーツを楽しめるメリットが感じられます。

商品概要

GODIVA ストロベリーパルフェ 
価格:1,045円(税込)
ゴディバカフェで大人気のパフェ『チョコレートシフォンとチーズクリームのパルフェ』を、JRフルーツパーク仙台あらはまの「にこにこベリー」という品種の苺をたっぷりつかって期間限定の苺パルフェに仕上げました。

GODIVA ホワイトチョコ&ストロベリードリンク
価格:イートイン 748円(税込)、テイクアウト 734円(税込)
ゴディバのホワイトチョコレートに、ヨーグルトとストロベリーソースを合わせた、爽やかでみずみずしいテイストの甘酸っぱいドリンクとなっています。飲み口が軽やかなので、甘いものが苦手な人でも食べやすく、また苺の果実感も味わえるようになっています。たっぷりのホイップにチョコレートソースと新鮮な苺「にこにこベリー」を添えました。

店舗概要

店名:GODIVA café Tokyo
住所:〒100‐0005東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内地下1階 グランルーフ フロント内
電話:03-6810-0750
営業時間:08:00〜22:00
定休日:無休(施設に準じる)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.