え、それ入れるの!?鶏むね肉がとんでもなく美味しくなる裏技

投稿日:2021/04/06 10:45 更新日:

『小春ちゃん@ぽかぽかびよりの作り置きで一汁多菜献立』の著者で料理研究家の小春さんが鶏むね肉を使った「よだれ鶏」が格段に美味しくなるコツを教えてくれました。

ピーナッツバターを使うタレよだれ鶏レシピ

「この料理のことを思い出すだけでよだれが出るくらい美味しい!」と言う由来で名前がついた「よだれ鶏」、今回紹介するレシピのポイントは…

・レンジで簡単!
・下ごしらえに加える調味料で驚きのしっとり感!
・タレにひと工夫でコクがアップ!

食べやすいよう、辛くない味付けにしているので、辛いのが好きな方は、花椒やラー油を足して味変も可能です。

それでは、さっそくレシピをみていきましょう。

■ピーナッツバターでコクのあるやみつきのタレに!

材料はこちら
4人分 所要時間の目安は15分です

鶏むね肉 2枚
【A】砂糖 小さじ2
【A】塩 小さじ1
【A】味の素®︎ 10振り
【A】酢 大さじ1
【A】酒 大さじ1
【A】醤油 大さじ1

【B】ピーナッツバター 大さじ2
【B】酢 大さじ1.5
【B】醤油 大さじ1
【B】砂糖 小さじ1
【B】レンジ加熱時にできたスープ 大さじ2
【B】砕いたナッツ・ねぎ お好みで

1.むね肉の下ごしらえ
むね肉は、皮・黄色っぽい脂の部分を取り除き、味しみが良くなるように数カ所フォークで穴をあける。
【A】をしっかり馴染ませ、耐熱容器に重ならないように入れてラップをかける。
むね肉のしっとり仕上がる下ごしらえ方法

2.レンジで加熱
電子レンジ600w10分加熱する(途中で1度取り出し上下を返す)。
加熱時にできたスープに浸しておくと、しっとり仕上がる。
胸肉をレンジで加熱するときの方法

3.たれを作る
【B】を順番に混ぜる。
②のレンジ加熱時にできたスープを混ぜて、お好みのやわらかさにする。
ピーナッツバターを使ったよだれ鶏レシピ

■え、それ入れるの?むね肉をしっとり仕上げるコツはこれ!

今回のレシピで、鶏むね肉をしっとりさせるコツは、「味の素®︎」です。

「え、それ入れるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、パサつき防止の効果があるのでおすすめですよ。

砂糖→保水効果が高まり、しっとりとした仕上がりに。
味の素®︎→パサツキ防止とうま味UPの効果。

・加熱時間とワット数の目安
500w→12分
600w→10分
700w→8分半
800w→7分半
むね肉1枚の場合は、600w5〜6分加熱で様子を見ると良いでしょう(包丁で薄く開いたり、めん棒などで叩くと、加熱時間をもう少し短くできます。)
皮つきのままなら、皮目を下にして加熱すると、縮みにくくります。

・調味料について
ピーナッツバターは、あるとコクが出て、やみつきのタレに仕上がります。
ない場合は、あっさりした味わいになります。

酸味を足したい場合→酢
甘味を足したい場合→砂糖
辛味を足したい場合→ラー油
コクを足したい場合→オイスターソース がおすすめ。

・冷凍する方法
加熱前→調味料をなじませ、そのまま空気を抜いて下味冷凍。
加熱後→漬け汁に浸した状態で、あら熱をとり空気を抜いて冷凍。

以上、「よだれ鶏」のレシピでした。
レンジで驚くほど簡単にできる褒められレシピとなっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

■レシピ、画像提供者
ぽかぽかびより小春
写真・ポイント多めの画像スワイプレシピを紹介中
インスタグラム「ぽかぽかびより」
https://www.instagram.com/pokapokakoharu/

【略歴】
2001年 結婚後、ホームページで料理日記を発信
2005年 ブログに移行
2006年 「ぽかぽかびより」として活動始動
     OisixレシピエMENU開発スタート
2010年 Ameba公式トップブロガー
2015年 livedoor公式ブロガー(引越し) 独自ドメイン取得

【資格】
2017年 日本酒ナビゲーター
2018年 フードコーディネーター

【著書】
『小春ちゃん@ぽかぽかびよりの作り置きで一汁多菜献立』

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.