【モンスーンカフェ】野菜たっぷり“アジアの屋台メシ”をイメージにした期間限定メニュー3品が新登場! 

投稿日:2021/05/16 13:08 更新日:

国内、L.A.に42店舗のレストランを展開をしている株式会社グローバルダイニング(本社:東京都港区南青山7丁目/代表取締役社長:長谷川耕造)は、エスニック業態・モンスーンカフェ にて、期間限定3品を、2021年5月17日(月)より提供開始します。

期間限定3品

“アジアの屋台メシ”をイメージにした期間限定メニューがモンスーンカフェに新登場!野菜たっぷりのベトナム風クレープ「バインセオ」、パリパリとした食感が楽しい「ソフトシェルシュリンプの揚げ春巻き」、胡麻油の香りが食欲をそそる「砂肝とパクチーのサラダ」の3品です。キンと冷えたビールとともに、楽しむことができます。

概要

商品名/価格
1. バインセオ/1,280円
2. ソフトシェルシュリンプの揚げ春巻き(2P)/780円
3. 砂肝とパクチーのサラダ/900 円
※価格は税込

商品説明
1. ベトナム南部でポピュラーな“バインセオ”をモンスーンカフェ風にアレンジ!ターメリックで色付けし、カリッと焼いた生地に、プリプリの小エビともやしを挟み、パクチーやミント、バジル等の香草をたっぷりと添えました。
2. 海老の頭から尻尾まで、パリパリと美味しく食べられる揚げ春巻きです。ビールのおともにぴったりな一品です。
3. パクチニストさんにおすすめ!胡麻油の香りが食欲をそそる、「砂肝のコリコリとした食感がたまらない、パクチー×砂肝のサラダです。

実施店舗
代官山/お台場/舞浜イクスピアリ/恵比寿/自由が丘/ららぽーとTOKYO-BAY/表参道/さいたま新都心 
※ららぽーと愛知東郷の店舗での取り扱いはありません。

提供期間
2021年5月17 日(月)~6月下旬終了予定
※仕入れ状況により予告なく終了となる場合があります。

URL
https://monsoon-cafe.jp/  (公式サイト)

期間限定3品

“アジアの屋台メシ”を思わせる3品が、モンスーンカフェに期間限定で新登場!パクチー等ハーブの香りや、アジア独特のピリ辛な香辛料が食欲をそそるラインナップです。キンと冷えたビールと一緒に楽しむことができます。雨が多くじめじめとした梅雨の時期は、気分も滅入りがちに。そんな時はモンスーンカフェのお食事で、気分転換を!

1. バインセオ/1,280円
ターメリックで色付けして、カリッと焼いた黄色の皮に、プリプリの小エビとシャキシャキのもやし挟んだ、ベトナム風のおかずクレーブです。ライム香る甘辛なヤムダレをかけて。たっぷりと添えられたパクチーやミント、バジル等の香草のさわやかな香りが、東南アジアの屋台料理を感じさせます。野菜不足の解消にも◎

バインセオとは?
「バインセオ」は、たっぷりの野菜や海老などを挟んで食べる、ベトナム南部のローカルフードです。「バインセオ」とは、ベトナム語で、「バイン」は粉を使った料理、「セオ」は鉄板で焼く音の擬音を表しています。

2. ソフトシェルシュリンプの揚げ春巻き(2P)/780円
柔らかな殻の海老を春巻きの皮で包んで揚げた一品。たんぱく質やカルシウム等の栄養が豊富な海老を、頭から尻尾まで丸ごと美味しく食べられます。※写真は2名分です。

3. 砂肝とパクチーのサラダ/900円
鉄分や亜鉛、ビタミン等、女性にうれしい栄養が摂れる砂肝入りのパクチーサラダです。胡麻油の芳ばしい香りが食欲をそそります。

※仕入れ状況により、予告なく変更となる場合があります。
※価格はすべて税込です。

モンスーンカフェとは・・・

国内のエスニック料理ブームの火付け役と言われる「モンスーンカフェ」は、“寛ぎのオリエンタル”と“都会の中の楽園”をテーマとした内装が特長的なエスニック料理レストランです。 “ヘルシーエスニック”をテーマに、タイ、ベトナム、マレーシアなどのアジア各国の本格的な味の再現はもちろん、健康を意識した料理開発にも、こだわりを持って取り組んでいます。代表的なメニューは、「ベトナム風生春巻き“ゴイクン”」、「鶏肉のガパオ炒めご飯」、「タイ海老トースト」など。2021年5月現在は、都内近郊を中心に9店舗を展開しています。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.