世界初・松茸専門オークションサイト「松茸市場.com」がオープン。会員数10万人を目指す。

更新日:

クラウドコンピューティングに特化したソフトウェアを開発する株式会社DUMSCO(ダムスコ、所在地:東京都文京区、代表取締役社長:西池 成資)は、2014年9月5日(金)、東京・築地の「東京都中央卸売市場」などで競り落とされた松茸をその場で直接仕入れ、販売する会員制ウェブサイト「松茸市場.com」(名称:マツタケイチバ ドットコム)を開設、食欲の秋にふさわしいサービスを開始することを発表した。

▼「松茸市場.com」 URL: http://matsutakeichiba.com
※松茸が市場に出回る11月末までの期間限定サービス。

■卸売市場で仲卸業者によって競り落とされた松茸をウェブサイトに商品として陳列
この度、ダムスコが開設した「松茸市場.com」は、東京・築地をはじめとした卸売市場で、仲卸業者によって競り落とされた松茸を朝のうちに直接仕入れ、ウェブサイトに商品として陳列するものである。

価格に関しては、生鮮食料品としては、世界初のユーザー参加型の「競り形式」を採用。各商品には、「1円」をはじめとして、市価よりも安い値段が設定され、それが競りの開始価格となり、利用者は所定の制限時間内に入札をしていくことで価格が決定されていく。

どうしてもその商品が欲しい場合には、商品毎に「即決価格」が設定されているので、早い者勝ちで商品を落札することも可能。また、予算の範囲内で金額設定を行える「自動入札」機能も備えており、忙しい方が一定時間、継続的にインターネットを通じた競りに参加する必要はなく、金額や需要状況に応じた最適価格での応札を可能としている。

また、利用者が応札した価格よりも高い値段で応札されたり、自身が最終的に落札した場合には、メールによる通知が行えるなど、一般的なオークションサイトの機能も備えている。

■鮮度や数量を確かめたうえで適正化価格での購入を可能に
従来の松茸のインターネット購入や宅配では、購入希望者が事前に商品を確認せずに購入金額を設定し、一定の期間内に業者が選定したものが送られてくるという形式で、商品の状態が不確定なままでの取引や決済が行われていた。

「松茸市場.com」では、購入希望者は、あらかじめ無料会員登録をすることで、配送料無料の特典などを受けることができ、その状況をライブ映像や最新の画像で確認することができる。重量などの商品の状態や数量など、確定した仕入れ状況を確認したうえで購入する松茸を選択し、競りに参加することができることから、購入者はこれまでのインターネットによる競りの方式では難しかった、鮮度など品質を確認したうえで購入することを可能とした。

ダムスコでは、まずは、10万人の会員数を目標として、最終消費者ならびに飲食店を中心に、本サービスを展開していきたいとしている。

Copyright (C) 2013 DUMSCO inc. Allrights reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.