銀座の日本料理店「Kuma3」、丹波黒豆を使った「銀座くろまめへしれけーき」を通販にて数量限定販売。

更新日:

数々の食通を魅了し続け、女性客などが増加中のNeo Japanese Dinner「Kuma3(読み:くまさん)」は、丹波の黒大豆を贅沢に使い、じっくり時間をかけて仕上げた「銀座くろまめへしれけーき」(税抜5,800円)を、5月29日(金)に通販サイトにて販売を開始することを発表した。

img_62085_1

同商品は、厳選した原材料ばかりを使った究極の焼菓子である。時間をかけて丁寧に焼き上げる特別な製造方法で仕上げるので、大量生産ができないため、1日20本の数量限定での販売となる。

【銀座くろまめへしれけーき 商品概要】
●価格:5,800円(税抜)
●主なターゲット:お取り寄せ好きな30代~50代の女性
●化粧箱サイズ:縦19.3cm×横8.5cm×高さ6.2cm
●内容量:350g(1本)

●原材料名:
丹波黒豆、フランス産発酵バター、アーモンドプードル、砂糖、全卵、小麦粉、黒糖、牛乳、
水飴、トレハロース、ベーキングパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料

●配送:注文後7日以内に発送(常温で配送)
●送料:600円
●支払方法:クレジットカード決済(店舗販売は現金も可)
●販売チャネル:
・通販サイト http://www.ginza-kuma3cake.com/
・「Kuma3」店舗
●専用フリーダイヤル:0120-11-9393/03-6273-3888
問い合わせ時間 10:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日

【商品特徴】
同店で提供する料理同様、和と洋が絶妙なバランスで融合された洋菓子の概念に縛られない贅沢なスイーツ。
材料は大粒の丹波の黒大豆、高品質なフランス産発酵バター、鶏舎から餌に至るまでこだわり生産をしている山形県山田ガーデンファームの新鮮な「朝採り紅花たまご」、香り豊かなアメリカ産のアーモンドプードルなど、厳選したものだけを使用している。

一般的なケーキのレシピでこれらをそのまま混ぜ合わせると、水分量が多くて分離してしまうため、時間をかけ繋ぎ合わせるようにケーキ生地を混ぜていくのがポイント。
さらにふっくらやわらかく煮た丹波黒豆も水分を多く含むので、焼成後の上部を平坦に仕上げるため、ひと粒ひと粒、手作業でぎっしりと贅沢に生地に入れ込み、生地の中心まで火が通るよう低温でじっくり焼き上げるため、黒豆も生地もしっとりなめらかな舌触りとなっている。

商品パッケージは黒をベースにしたスタイリッシュな紙箱で、上面には艶のある円形模様を施すことでたくさん入った黒豆を表現。箱の中心に青のさし色を使うことで、同店のブルーの照明を彷彿とさせる作りに。シルバーのロゴや結び紐が上品に光る銀座らしいモダンなギフトは、シャンパンなどと合わせた贈り物にも最適。
img_62085_3

ケーキは常温での配送だが、一度冷蔵することで風味が増す。緑茶や紅茶はもちろん、キリッと冷やした白ワインやシャンパン、ウィスキーとのマリアージュも相性抜群。
同店ソムリエの渡邉は「これからの時期、冷やして身のしまった芳醇な香りのケーキの甘さとのバランスが合うやわらかな酸味のシャンパンや白ワインがおすすめ」と述べている。
img_62085_2

【商品監修したKuma3料理長 添野 充広のコメント】
『初めて食した時、芳醇な香りと味わいに衝撃を受けたフランス産の発酵バターを独自の和に取り入れたい、そんな想いからこのケーキは誕生しました。和と洋の厳選した素材を融合させた当店でも人気のケーキ、この機会に是非ご賞味ください。』(原文まま)

<料理長 添野 充広プロフィール>
1974年生まれ、茨城県出身。20歳で有名な関西割烹の店に住み込みで弟子入りし、料理人への道へ。その後、ホテルの和食店、割烹料理店などで修業して和食を極め、2013年、現料理長に就任。“和食とはこうあるべき、という固定観念を持たないこと”が信条。それがNeo Japaneseという店のキャッチにも繋がる。料理人として自分の中から生まれてくるひらめきを大事にし、和食の伝統をベースにしながらも斬新な発想や美しい盛り付けでお客を食の感動へと誘っている。
img_62085_4

【日本料理店「Kuma3」とは】
四季を感じさせて五感を刺激する料理と種類豊富なワインを、ラグジュアリーなモダン空間で楽しませる会席料理店。厳選されたこだわり食材から生み出される美味の数々に感動するだけでなく、皇族御用達の非売品のお椀を使ったり、美しいガラスのギリシャ食器などが登場したりと、和食器だけにこだわらない日本料理の概念を覆す器づかいも魅力の一つ。大人の贅沢を極めたディナーは、おもてなしにも最適。外国からのゲストをエスコートする店としても喜ばれている。

【店舗概要】
■正式店舗名:「Kuma3」
■所在地:東京都中央区銀座5-5-14 GINZA GATES 8F
■電話:03-6274-4777
■営業時間:ランチなし、ディナー 17:30~23:00(LO 21:00)
■定休日:土曜、日曜、祝祭日
■坪数:47坪
■席数:カウンター8席、個室4部屋
■客単価:
「やなぎ」13,000円(税抜)、「みゆき」18,000円(税抜)、
「さくら」25,000円(税抜)の3種のコース。
■店舗URL:http://www.ginza-kuma3.com

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.