天然とんこつラーメン専門店 一蘭、香港2店目となるチムサーチョイ店を6/9オープン。

更新日:

天然とんこつラーメン専門店一蘭を展開する株式会社一蘭(本社:福岡県福岡市博多区/代表取締役社長:吉冨学/http://www.ichiran.co.jp)は、このたび香港現地法人一蘭香港有限公司の下、一蘭香港チムサーチョイ店を、6月9日(火)11時にオープンすることを発表した。
香港では2店舗目となる同香港チムサーチョイ店店は、席数を182席と予定しており、一蘭史上最大の大型店舗となる。

czMjYXJ0aWNsZSMxOTk3NiMxNDIzMTQjMTk5NzZfVHNNTndidk9jYy5qcGc

【香港上陸からもうすぐ2年。これまでの香港での一蘭】
同香港コーズウェイベイ店は、2013年7月のオープン時、丸8日間一切行列が途切れることなく、現地メディア50社以上に取り上げられるなど最高のオープンを成し遂げた。2014年6月の大幅な増席を経て、今もなお香港の人々から支持されている。
最近では、open rice 優秀開飯熱大賞で2年連続の多部門の受賞する等、益々活気に満ち溢れている。

【香港での新サービス「一蘭屋台」】
同店発祥の地、福岡。この中枢を担う中洲を代表する観光資源であるとともに、地元住民の生活に、長年慣れ親しんでいるのが「屋台」である。現在、福岡市内では日本全国の半数にあたる屋台が営業しているものの、その数は年々減少傾向にある。

この福岡を代表する食文化を、日本中、そして世界中へ伝えるべく、打ち出された新サービスが「一蘭屋台」。日本国内では、一昨年前から導入がスタートし、各地で好評を博している。

【「一蘭屋台」限定のメニューや、香港限定のメニューも登場】
現在日本国内では、福岡・大分・広島・大阪と一蘭屋台が広まりつつある。味集中カウンターと一蘭屋台併設店舗が特に人気で、今回オープンするチムサーチョイ店はまさにその人気店の作りとなっている。

更に、同店では香港初上陸の新メニューも続々登場する。
■「釜だれとんこつ焼き豚皿」
日本でも大人気の一品。おつまみに最適。
■「抹茶杏仁豆腐」
抹茶を使用した〝和スイーツ″として女性に大好評。
■「蘭茶」
すっきりとした味わいの同店オリジナルブレンドのお茶。
■「こぼし酒」
厳選した上質な日本酒を、グラスから溢れるほど注ぎ込む。

【一蘭 香港チムサーチョイ店 店舗概要】
■オープン日時:6月9日(火) 午前11時(現地時間)
■住 所:九龍 尖沙咀 棉登徑8號 地庫 B舖 及 地下入口大堂
■営業時間:24時間
■席 数:味集中カウンター58席/一蘭屋台124席 合計182席
■提供メニュー:
天然とんこつラーメン(創業以来)、釜だれとんこつ焼き豚皿 抹茶杏仁豆腐、各種アルコール

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.