ロコモコ専門店「39YOSHOKU」、冷製トマトラーメンを再スタート。人気のレモンラーメンはレギュラー化に。

更新日:

日本橋・馬喰町のロコモコ専門店「39YOSHOKU」(運営:株式会社QSC)は、2015年6月2日(火)から7月31日(金)までの期間限定で、「レモンラーメン」に続く人気メニュー「トマトラーメン」を再販売することを発表した。

s_img_62308_1

「トマトラーメン」は、スープにスペインの本格的なガスパチョ(※1)を使用し、以前、日替りで提供していた。同店の人気ラーメン「レモンラーメン」に次いで人気があった商品で、今回さらにグレードアップさせ、夏メニューとして復活した。

価格は900円。トッピングのパルメザンチーズは150円、麺2倍は150円、激辛は100円で追加できる。(価格はすべて税抜)

※1 ガスパチョとは
スペイン料理で、アンダルシア地方発祥のトマトベースの冷製スープ。
スペインでは一般的な家庭料理。

■レモンシリーズもグランドメニューに本格導入
また、「レモンラーメン」は2015年4月1日から5月31日までの期間限定で提供したが、人気は落ちず、現在も日に30杯以上出ている。そこで、この度グランドメニューに本格導入し、いつでも「レモンラーメン」を食べられることが出来るようになった。

さらに、レモンシリーズ第2弾として、シェフオリジナルの「レモンチキンロコモコ」を6月の限定メニューで販売する。「レモンチキンロコモコ」は、レモンピールでマリネしたチキンを、もち粉から作った衣を付けて揚げた、モチコチキン(※2)のロコモコで、価格は980円。夜にはおつまみとして、チキン単品600円で販売する。(価格はすべて税抜)

※2 モチコチキンとは
チキンにもち粉から作った衣を付けて揚げた食べ物で、ハワイではお母さんの味とされている。

「レモンチキンロコモコ」
s_img_62308_2

■シェフについて
同店のグランシェフ村山 幸就(読み:むらやま こうじ)は、パリのエコールフェランディを卒業し、パリで8年間修行。パリ時代にはラ・ピラミッドやシャトー・コルディアン・バージュやル・ディアンなどに勤めていた。帰国後はホテル日航福岡に勤め、2014年から「39YOSHOKU」にてメニュー開発、グランシェフとなった。

s_img_62308_3

■店舗概要
所在地 :〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-5-8
営業時間:8:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日 :月曜日定休(祝日の場合は翌日)
TEL   :03-5643-0260
URL   : http://qsc.co.jp/

「39YOSHOKU」関連ページ:
Instagram : https://instagram.com/39yoshoku_bakurocho/
Facebook : https://www.facebook.com/39yoshoku

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.