クラフトビールが味わえる"街の寄り道ステーション"「HOP STAND」、神戸三宮にオープン。

更新日:

株式会社シナジーカフェ(所在地:兵庫県神戸市、代表:春名良則)は、2015年4月、クラフトビールと焼鶏の店HOP STAND(ホップスタンド)を、1ヵ月のプレオープン期間を経て神戸三宮にグランドオープンしたことを発表した。

czMjYXJ0aWNsZSM0MDk3NiMxNDIyNzEjNDA5NzZfcGlCUFdxdmx1Vy5QTkc

同店のメインは地元神戸のクラフトビールと、アロマホップをスパイスにした焼鶏。待ち合わせや帰りの1杯から食事まで、様々なシーンに対応する。
グランドオープン後は日曜日の営業が12時からと早まり、ランチも楽しむことができる。

【HOP STANDの特長】
<クラフトビール>
素材にこだわって作られたビールをS~XLサイズの選べるユニークなグラスで楽しめる。

・オリジナル醸造の「北長狭(きたながさ)エール」
同店オリジナルクラフトビール。通常の3倍のホップを使用した超辛口の一杯。

・地元神戸のクラフトビール「六甲ビール」
六甲ビール工場直送の麦芽100%の新鮮生ビール。六甲山麓の湧水のみを使用した、生きた酵母による芳醇な味わい。ピルスナーやストロングエール、ホワイトビール他多数ラインナップ。4種飲み比べセットもおすすめ。

※クラフトビールとは:
地ビール。地域密着のビール醸造会社による、地方ローカルブランドのビール。

<焼鶏>
地元兵庫県でのびのびと育った、淡路、丹波の新鮮な朝引き鶏を使用。味付にはビールの原料であるアロマホップをふんだんに使ったスパイスを使用。

※ホップについて:
ホップはヨーロッパでは民間薬として服用されるほど栄養価が高く、胃を健やかに保ったり肥満予防の効果があると言われている。最近では花粉症や認知症への効果の研究も進められており、その効果が注目されている。

<店の雰囲気>
落着いたブルーに統一され、大きな窓があり入りやすい店構え。
"街の寄り道ステーション"をコンセプトにした居心地の良い店内と、コミュニケーションを大切にするスタッフが利用客を迎える。

【今後の展望】
コンセプトである"街の寄り道ステーション"となるため、利用客にとって居心地の良いサードプレイスを目指す。
今後も「飲食店を通して住む、遊ぶ、働く、において魅力的な街づくりに貢献する」というビジョンを持ち続け、街から必要とされるような店になっていきたいとしている。
また、チェーン化ではない店舗展開を考えており、「飲食を通じたライフスタイルの提案や、外食の楽しさを発信する」を理念に地域特性に合わせたオリジナルの業態を作っていくとの事。

▼HOP STAND:http://hopstand.com/

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.