2種類の食感の生地が楽しめるワッフル専門店「ママズ・ワッフル」東京・吉祥寺に9/5オープン。

更新日:

株式会社グルメブランズカンパニー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 克二)は、東京・吉祥寺に、ワッフルショップ『mama's waffle(ママズ・ワッフル)』の国内第一号店を、2015年9月5日(土)にオープンすることを発表した。

img_70633_2

ベルギーワッフルは、もともとベルギーの家庭で作られていたおやつで、多くのベルギー人にとって幼少時代や家族の思い出と切り離せない伝統菓子であったが、現在では世界中で愛されるお菓子となっている。

同店ではワッフル専門店として、幅広い客層に楽しんでもらいたいとして「お母さんが焼きあげてくれるようなやさしい味わい」をコンセプトに、2種類の生地を開発。
大人でも食べやすいように甘さは控えめ。さらに自家製バターでより一層の作りたての美味しい風味を加えている。

【ママズ・ワッフルについて】
店内で作った自家製バターは、ホイップクリームのようになめらかで、フレッシュな風味が特徴。この自家製バターを使いワッフル生地の表面をカリッと焼き上げることで、口に入れた瞬間にふわっと芳醇な風味が広がるワッフルに仕上がるという。

好みに合わせて選べる2種類の生地のメニューは「もちもち生地」4種類、「ふわふわ生地」2種類、季節のワッフル1種類の全7種類をラインナップ。店内で1個1個丁寧に焼き上げる、作りたてのワッフルを楽しむことができる。

価格は1個あたり160~240円とリーズナブル。幅広い世代が楽しめる専門店を目指すとしている。

【店舗概要】
■店舗名:mama's waffle(ママズ・ワッフル)
■所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3-101号
■電話番号:0422-28-5470 ※9月5日(土)より使用可能
■営業時間:10時~21時
■席数:無し
■URL:https://www.facebook.com/mamaswaffle

img_70633_1

【ママズ・ワッフルの特長】
■「もちもち生地」のワッフル
独自配合の粉を低温長時間発酵することで、もちもちとした食感と軽やかでしっとりとした口どけが特徴のブリオッシュタイプの生地を開発。冷めても焼きたてと変わらず、外はカリッと、中はもちもちとした食感が楽しめる。

■「ふわふわ生地」のワッフル
マドレーヌ生地を使用することで、今までにないふわふわ生地を実現。マドレーヌ生地はアーモンドプードルとヘーゼルナッツパウダーをベースに、自家製バターと発酵バターのダブル使いで、それぞれの素材の味を引き出している。
材料を手捏ねして1日寝かせることで、焼き立てはサクッとふんわり、そのあとは絹のようなしっとり食感に変化する。

Copyright (C) create restaurants holdings inc.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.