フェリシモ、映画「奇跡のリンゴ」のモデル・木村秋則さんの自然栽培を応援するプロジェクト発足。

更新日:

株式会社フェリシモは、2015年12月15日より、映画『奇跡のリンゴ』のモデル・木村秋則さんが提唱する“自然栽培”を応援し、共に育む「木村秋則自然栽培農学校・自然栽培応援倶楽部」の会員募集を開始したことを発表した。

d12759-200-671058-6

入会すると、会員証や、農薬や化学肥料を用いない自然栽培農法の生産者を育成する同氏が校長を務める「木村秋則自然栽培農学校」(北海道仁木町)や、同氏に指導を受けた生産者が育てた自然栽培の野菜が届く。
また、同プロジェクトのスタートを記念し、初回の配達時には同氏自身のりんご畑で収穫されたりんご1個をプレゼントする入会キャンペーンも同時に開催する(入会の締切は2016年1月11日まで)。

【「木村秋則自然栽培農学校・自然栽培応援倶楽部」について】
同社と木村秋則さんとの出会は、2013年7月の『神戸学校』。いろいろな話を聞くうちに、日本の農薬使用量の多さ、認可している合成添加物の種類の多さ、化学肥料の使用量など、これまで我々が知ろうとせず、知らされることを、ただ待っているだけだったことに気づかされたという。

同氏が提唱する自然栽培農法は、農薬や化学肥料を使用しないで、自然の摂理をそのまま受け入れることと、土壌のバクテリアや虫たちとの共存、農産物と雑草の関係も詳細に研究し、聞きとることで、人は何をするべきかを素直に判断できるようになることであり、決して人の手で自然の生態系を破壊する方向を選択することがないように、自然そのものをしっかりとみることから始まる。

同プロジェクトは、木村秋則さんおよび同氏の指導を受け自然栽培農家として農業を行う生産者、自然栽培農法で作られた野菜を消費する生活者と一緒に、一歩ずつ着実に「ともに、豊かな食の未来へ」歩んでいきたいという同社の想いから発足した。

d12759-200-972342-2

【入会特典】
1.自然栽培応援倶楽部会員証、木村秋則さんからの手紙、木村秋則語録卓上カード、北海道仁木町「木村秋則自然栽培農学校」2016年度応援クラブ会員としてネームプレートに名前が記される。

2.「木村秋則自然栽培農学校」や、同氏に指導を受けた生産者が育てた自然栽培の野菜や果物、加工品(¥3,000相当)が1年に4回届く。
自然栽培農法は手間がかかるため、一般的に路地栽培野菜に対し1.3倍程度の価格が付けられるという。

3. 手に入れるまで20年待ちともいわれる、同氏の「奇跡のリンゴ」1個を抽選で100名にプレゼント。

4.同校で予定されているさくらんぼやりんごの収穫体験、ワインづくりなどイベント情報を優先的にメールにて案内。

d12759-200-470624-3

■木村秋則自然栽培農学校・自然栽培応援倶楽部(一括支払い)
1セット ¥12,000(税込¥12,960)
詳細・申し込み http://www.feli.jp/s/pr151216/2/

■木村秋則自然栽培農学校・自然栽培応援倶楽部(4回分割支払い)
1セット ¥3,000(税込¥3,240)
詳細・申し込み http://www.feli.jp/s/pr151216/3/

【木村秋則さん プロフィール】
d12759-200-163513-5
1949年、青森県中津軽郡岩木町(現弘前市)出身。1968年、弘前実業高等学校商業科を卒業。集団就職で川崎市の電機メーカーに就職するも、1年半で退職し弘前に戻る。1971年から家業のりんご栽培を中心に農業に従事。1972年、結婚し、無農薬りんご栽培を始める。 10年近く無収穫、無収入になるなど苦難の道を歩みながら、ついに無農薬・無科学肥料のりんご栽培に成功する。その壮絶な体験は2006年、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介され、大反響となる。現在、独自の栽培方法はりんごだけでなく、稲などの他の作物にも拡大。国内はもとより、世界各国の注目を集めている。2013年5月、著書『土の学校』(幻冬舎)が、発売され、6月には映画『奇跡のリンゴ』が公開。現在、株式会社木村興農社代表としてりんごの栽培に携わるかたわら、全国各地で自然栽培の指導も行っている。

▼講演録 http://www.feli.jp/s/pr151216/4/

d12759-200-550252-4

Copyright© 2015 FELISSIMO

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.