ミニストップ、初の厚切りフライドポテトを発売。秋収穫したばかりのじゃがいもを使用。

更新日:

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:宮下 直行、以下:ミニストップ)は、2004年より発売し、ホットスナックで一番人気の「X(エックス)フライドポテト(税込:198円)」と同じ品種を使用した「厚切りギザギザポテト(税込:198円)」を、2016年2月12日(金)より順次、国内のミニストップ(2015年12月末現在:2,192店)にて発売することを発表した。国内全店での発売開始は2016年2月19日(金)から。

s_img_89803_1

ミニストップでは、1980年の3号店よりフライドポテトの販売を開始し、これまでに品種や産地を変えながら様々なフライドポテトを発売し、35年の歴史の中でお客から支持を得ているのが、2004年に発売を開始した「X(エックス)フライドポテト」。クリーミーな甘みのある味わいが特長の、ドイツ産のアグリア種を使用した同商品は、今ではホットスナックで最も販売数を誇る商品となった。
支持されている理由を探したところ、「原料のおいしさ」にたどりついたとのこと。じゃがいもは、カットの仕方で食感や味わいが変化する。この点に着目し、ミニストップがこだわる揚げたてを提供するオペレーションで、「X(エックス)フライドポテト」とは異なる原料のおいしさを引き出す開発に着手した。
様々な形・大きさを検討した中で、最終的にたどりついたのが、約9mmの厚切りカット、波型のギザギザカット、2~3口で食べられる大きさ、さらに皮をつけてより芋感を引き出した。これにより、中はしっとり、外はサクサクとした食感を実現するとともに、開発当初より掲げていた「芋を味わうフライドポテト」が完成した。
ミニストップでは、これまでに細長タイプ、俵型タイプ、半月タイプ、X型のフライドポテト等を販売してきたが、厚切りタイプのフライドポテトの発売は初めてとなる。
2015年秋収穫したばかりのじゃがいもを使用している。
レジにて注文後、店内に併設した厨房にて最終加工を行い、できたての味わいを提供する。

s_img_89803_4

【商品情報】
■商品名  :厚切りギザギザポテト
■価格   :198円(税込)
■発売地区:全国
■発売日  :2016年2月12日(金)より順次発売開始
※2月19日(金)より全店にて発売開始
■エネルギー:255kcal

【フライドポテト ラインアップ】
■商品名  :X(エックス)フライドポテト
■価格  :198円(税込)
■発売地区:全国
■エネルギー:343kcal
■商品特長:
2004年より発売を開始した、ミニストップを代表するフライドポテト。芋の色が黄色く風味があり、クリーミーな甘みのある味わいが特長のドイツ産のじゃがいも(アグリア種)を使用。表面積の大きいX(エックス)状にカットすることでよりサクサクとした食感を実現するとともに、見た目のおもしろさも楽しめるフライドポテト。

s_img_89803_2

■商品名  :十勝ハッシュドポテト
■価格  :198円(税込)
■発売地区:全国
■エネルギー:360kcal
■商品特長:
北海道十勝産の「北海こがね」を使用した、女性にも食べやすい一口サイズのミニハッシュドポテト。甘みがあり、舌触りもなめらかで芋の風味も感じられる一品。外はサクサク、中はしっとりとしたシンプルな塩味とザク切りポテトの食感が特長。[2016年1月発売]

s_img_89803_3

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.