北海道で人気の焼きたてカスタードアップルパイが進化した専門店「RINGO」池袋駅にオープン。

更新日:

株式会社BAKE(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長沼真太郎)は、焼きたてカスタードアップルパイ専門店『RINGO』を、2016年3月4日(金)に池袋駅にオープンすることを発表した。

d14043-31-471924-3

『焼きたてカスタードアップルパイ』は、サクサクのパイの食感と、一度パイ生地を焼いてから入れる“後入れ”によるカスタードクリームの量の多さが特徴のアップルパイである。
グループ会社である北海道札幌の人気洋菓子店「きのとや」で、30年間改良を重ねながら愛され続けているアップルパイを元に開発。美味しさを引き出す調理法を追求することで、懐かしさと新しさを感じさせるアップルパイを目指したという。

d14043-31-344560-2

原料にもこだわり、カスタードクリームには北海道・新村牧場の完全放牧乳牛のミルク、パイ生地にはサクサク感を出すために開発したオリジナルブレンドの小麦粉と北海道産フレッシュバターを使用。リンゴは香りと食感を出すために、旬の時期に収穫してすぐに2cm角のキューブ型に切り、フィリングにしている。さらに、工房一体型の店舗にて、店舗で作った商品を提供する。
d14043-31-299514-1

【焼きたてカスタードアップルパイについて】
■カスタードクリームへのこだわり
一度パイ生地を焼いてからカスタードクリームを入れる“後入れ”によりカスタードクリームをたっぷり入れることに成功。原料は、北海道の契約農家・新村牧場から直送の完全放牧乳牛のミルクを使用し、イタリア・ロボクーボ社の最新技術のマシンによって、よりなめらかでムラのないカスタードクリームを実現。

■パイ生地へのこだわり
パイ生地のサクサク感を追求するため、オリジナルブレンドの小麦粉と、北海道産フレッシュバターを使用。144層の自家製パイ生地が、ふっくらとした高さと繊細な食感を実現。

■リンゴへのこだわり
旬の時期に収穫してすぐにフィリングにし、2cm角のキューブ型にすることで、濃厚なカスタードクリームやサクサクのパイ生地に負けない、ゴロっとした食感を実現。オープン後1ヶ月は、日本で初めてリンゴを栽培した地・北海道七飯町のリンゴを使用。2ヶ月目以降は、青森県ゴールド農園の「葉とらずりんご」を使用する予定とのこと。

■ファクトリーが売り場
工房一体型店舗で、製造場所で同時に販売。作り置きはせずに提供。利用客はアップルパイがオーブンで香り良く焼きあがっていく様子を目の前で見ることができる。

■美味しさを化学的に分析
職人気質な洋菓子業界では珍しく、美味しさを化学的に解析する『OPEN LAB(オープンラボ)』を新設。パイ生地のサクサク感を出す小麦粉のグルテン量の割合や、カスタードクリームのなめらかさを出すメカニズムを発見した。

【RINGO池袋店 概要】
・店舗名:RINGO 池袋店
・所在地:〒170-0013東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋駅
・オープン日:2016年3月4日(金)
※開業時間は10時
・営業時間:10:00~22:00
・アクセス:JR「池袋駅」東口階段上 中央改札または北改札 徒歩5分
・メニュー(税別):焼きたてカスタードアップルパイ 1個370円/4個1400円
※一人4個まで購入可。

▼公式サイト:http://ringo-applepie.com/
▼Facebook:https://www.facebook.com/ringoapplepie
▼Twitter:@RINGO_applepie
▼Instagram:@ringoapplepie

d14043-31-234856-5 d14043-31-116562-7

d14043-31-435529-6

Copyright (C) BAKE

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.