ジョイ・オブ・サケ、世界最大級の日本酒利き酒イベント「JOY OF SAKE」11月6日(木)東京・五反田にて開催。

更新日:

NPO法人ジョイ・オブ・サケは、2014年全米日本酒歓評会に出品された約370種類の銘柄が一堂に会し、会場で全日本酒を利き酒でき、さらに有名レストランの美食も同時に味わうことができる、世界最大級の日本酒利き酒イベント「JOY OF SAKE」を11月6日(木)東京・五反田にて開催することを発表した。

2001年にホノルルで初めて開催された「JOY OF SAKE」は、サンフランシスコ、ニューヨークへと広がっていき、14年に渡って海外での日本酒人気の向上とともに規模を拡大してきた。美酒を美食やエンターテイメントとともに楽しみながら味わうパーティースタイルが人気を博し、今では年間約3,000名もの日本酒ファンが集う世界最大規模の日本酒イベントとなっている。

JOY OF SAKEは、毎年7~8月に行われる「全米日本酒歓評会」に出品された日本酒を一般に公開する利き酒イベント。今年の全米日本酒歓評会は、7月18日に開催された「JOY OF SAKE HONOLULU」に先立ち、7月15・16日の2日間に渡って行われ、日本より6名、米国より4名の10名の審査員が、国内外から出品された370銘柄をテイスティングした。審査は全て銘柄名を隠したブラインド方式で行われ、大吟醸A部門(精米歩合40%以下)、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)、吟醸部門、純米部門から、それぞれ金賞、銀賞が決定した。「JOY OF SAKE」では、すべての出品酒を試飲することができ、金賞・銀賞に選ばれた銘柄には受賞マークが施されてテーブルに並ぶ。酒は厳正な審査用に万全を期して輸送・保管され、審査後もイベント当日まで厳重に温度管理しているので、最高の状態で味わうことができる。


また、「JOY OF SAKE」では、開催都市各地で話題の人気レストランによるアペタイザーが味わえる。毎回十数店のレストランが出店し、それぞれ日本酒に合う特別メニューを提供。ジャンルも和食のみならず、イタリアン、フレンチ、スパニッシュ、中華など、様々な料理が並び、日本酒との素晴らしい組み合わせを提案している。東京では、今年も14の名店が参加することで、日本酒ファンのみならず、グルメファンも注目のイベントとなっている。
そして、今年の「JOY OF SAKE TOKYO」には、11月28日の最終選考会に進む2015 ミス日本酒(2015 Miss SAKE)のファイナリスト全員が参加する。「日本酒の魅力を世界の人に発信する」という使命のもと、次なる日本酒アンバサダーを目指してこの美酒と美食の響宴を一緒に盛り上げてくれる予定。


「JOY OF SAKE」のポイント
◎日本全国と海外から出品された約370種(2014年度出品数)の日本酒が試飲できる
◎イタリアン、フレンチ、スパニッシュなど、話題の人気レストランの料理を、一度に味わえる
◎フラなどのハワイアン・エンターテイメントで、通常の利き酒会では体験できない華やかな雰囲気が楽しめる


「JOY OF SAKE TOKYO」開催概要
■主催:NPO 法人ジョイ・オブ・サケ
■開催日時:2014年11月6日(木)午後6:00〜午後9:00
■会場:東京・五反田TOCビル 13階特別ホール(東京都品川区西五反田 7-22-17)
■入場料:¥8,500
■購入方法:
ジョイ・オブ・サケ ホームページ(http://www.joyofsake.jp)
チケットぴあ(Pコード:627-384)、イープラス、CNプレイガイド、
セブンチケット(セブンコード:033-063)
一部参加レストラン、一部酒販店にて取り扱い
■参加レストラン :
アルポルト、重慶飯店、つな八、IL GHIOTTONE、L’estudi、Restaurant Kazu、越乃寒梅 Manjia、BLT STEAK TOKYO、信州松本ヒカリヤ、駒八、酉玉、白金バル、すずや、地酒遊楽 裏や
■ URL:http://www.joyofsake.jp

Copyright © The Joy of Sake. All rights reserved.
※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.