世界中で賞賛を受ける3ツ星シェフ、ハインツ・ベックが日本初出店。至高のダイニングを東京・丸の内に11月7日(金)、2 店舗同時オープン。10月8日(水)から予約開始 。

更新日:

総合的なレジャー事業開発の実現を基幹コンセプトに、商業施設を運営・プロデュースするカトープレジャーグループ(東京本社:渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役兼CEO 加藤友康)は、世界のガストロミー界の頂点に立つシェフ ハインツ・ベック氏とタッグを組み、イノベーティブ料理を提供するファイン イノベーティブ料理を提供するファインダイニング 『HEINZ BECK HEINZ BECK』(ハインツ ベック)と、現代風イタリア料理を提供するオールデイダイニング 『sensi by Heinz Beck』 (センシ バイ ハインツ ベック)を、2014年11月7日(金)東京・丸の内に同時グランドオープンすることを発表した。

main

日本初上陸まで残り1ヶ月となる10月8日(水)より、『HEINZ BECK HEINZ BECK』、『sensi by Heinz Beck』 両店舗の予約受付を開始する。

ファインダイニング『HEINZ BECK』では、前菜からメイン、デザートに至るまで厳選された食材をハインツ・ベック氏のアーティスティックな感性で調理し、そのイノベーティブ料理の神髄を味わえる9皿のコースを中心に、アラカルトメニューも用意。
オールデイダイニング『sensi by Heinz Beck』では、ハインツ・ベック氏の独創的なエッセンスを加えた、同店でしか味わうことのできない現代風イタリア料理をランチ・ディナー各2種類のコースとアラカルトメニューにて用意した。ティータイムにはドリンクとともにフィンガーフードやドルチェを楽しむことができる。

「美食と健康」をテーマに据えてミシュランガイドで3ツ星の評価を受けるハインツ・ベック氏の、オリジナリティ溢れるメニューをぜひ堪能してほしいとしている。

【予約方法】
2014年10月8日(水)10時より、電話もしくはインターネットにて受付。
・電話:HEINZ BECK 03-3284-0030/sensi by Heinz Beck 03-3284-0020(10:00~22:00)
・WEBサイト:HEINZ BECK 公式ホームページ http://www.heinzbeck.jp/

【店舗概要/提供メニュー】
<HEINZ BECK(ハインツ ベック)>
初めて自身の名前を店名とする、ハインツ・ベック氏史上最高のファインダイニング。ハインツ・ベック氏が手掛けるイタリア・ローマの3ツ星レストラン『ラ・ペルゴラ』で世界中の美食家から賞賛されているオリジナルメニューに加え、同店ならではの日本人客に向けた新作メニューも創作し、ランチ・ディナーともにコースとアラカルトにて提供する。
ハインツ・ベック氏の独創的でアーティスティックな至高の世界を、ドレスアップして楽しみたい。

・料理カテゴリー:イノベーティブ
・業態:ファインダイニング
・席数:全34席/個室1室(最大10名まで)
・営業時間:11:30~15:00(LO 13:30)/17:30~23:00(LO 21:30)
・定休日:日曜日 ※年末年始は問合せ
・料金:ランチ/ディナー9皿のコース 19,000円
・ランチ限定4皿のコース 8,000円
・アラカルト 1,800~5,400円 (消費税別、サービス料別)
・問い合わせ:03-3284-0030
・住所:東京都千代田区丸の内 1‐1‐3 日本生命丸の内ガーデンタワー M2F
・ドレスコード:
・男性は上着または襟付きシャツの着用推奨。
軽装(七分丈のような短いパンツ、Tシャツのような襟のないシャツ、サンダル等)での入店は禁止。
・ダイニングの利用は中学生以上より。個室は子供も利用可能。

■9皿のコース(ランチ/ディナー) 19,000円
・白いバルサミコ酢でマリネしたカンパチ ザクロの雪を添えて
ノルウェーのピンクのアイスバーグからインスピレーションを得た一品。風味と温度のバリエーションを1つの料理の中で楽しむことができる。皿の底にはドライアイスが敷き詰められており、ウエイターが注文客の目の前でユーカリ水を注ぐと、ドライアイスの霧が広がり“涼しさ”を演出する。

・燻製した帆立とビーツで見立てた貝殻

・海…
セロリや魚介でとったスープで煮た緑鮮やかなタピオカの下に、手長エビのカルパッチョがひかれている。可憐で水水しい外観のわりに、しっかり魚介の風味を感じさせ、またタピオカの食感も面白い一品。

・ファゴッテッリ ハインツ ベック
ローマで最もポピュラーな郷土料理であるカルボナーラをハインツ・ベック氏のスタイルで表現。このカルボナーラは、薄くデリケートなパスタ生地にラヴィオリのような形で包まれており、口の中で噛みしめるとクリーム状のカルボナーラソースがあふれ出し素晴らしいハーモニーを醸し出す、ハインツ・ベック氏の代表的なメニューだ。
pasta

・銀鱈とセロリのソース カレー風味のクルトン
・鳩のエマンセ サラミソース

・ピスタチオ纏う玉ねぎを詰めた牛フィレ肉 フレッシュフルーツと共に
main

・柿のクリームと栗のアイスクリーム アルバ産の白トリュフの香り

・凍った赤いフルーツボール 紅茶のクリーム フランボワーズのクリスタル
チョコレートとベルガモットティーのクリームを敷き、その上にラズベリーを主体とし、ブルーベリー、イチゴ、クロすぐりなど赤い果実からできた冷製スフェラをあしらっている。スフェラの下にはチョコレートのサブレ、そして砂糖で結晶化したラズベリーが添えられている。

※コース内容は季節により変更予定。

■ランチ限定4皿のコース 8,000円
前菜、パスタ、主菜、デザート
アラカルトメニュー(一例)
◆前菜
・伊勢海老のエマンセ バルサミコオイルとオレンジのソース 5,400円
・スズキのカルパッチョ カンネリーニ豆とアルバ産白トリュフを添えて 2,900円
・香草とスプラウトのサラダ 菊芋・マンゴー・ピスタチオのピューレ添え 2,500円
◆パスタ
・トルテリーニ 季節の野菜と燻製した雄鶏のコンソメスープ 2,700円
・アルバ産白トリュフと牛蒡 シブレットのタリオリーニ 2,300円
・うずらの卵とグラナーパウダーのポレンタ アルバ産白トリュフ添え 2,700円
◆メイン
・リコリスのクロスタを纏った鱸 アーモンドのクリーム 4,700円
・仔牛ほほ肉の煮込み ブラータとアンディーブ・とうがらし風味のライススフレ 3,800円
・ピスタチオを纏った鹿のロース 栗のピューレ 柿の蜂蜜 チョコレートソース 4,400円
◆デザート
・マジパンのゼリー マリネしたアニス風味の林檎と青林檎のソルベ 1,800円
・ベーゼルナッツのサブレとリコッタチーズのアイスクリーム アルバ産白トリュフの香り 2,000円
・コーヒーのスフレとコーヒーのジェラート 2,500円

<sensi by Heinz Beck (センシ バイ ハインツ ベック)>
「sensi」は、イタリア語で「感覚・感性」の意味。洗練された現代風イタリア料理を、6.5mの吹き抜けとガラス面で覆われた開放的な空間で、利用客に五感で感じ楽しんでほしいという想いを込めて名付けたオールデイダイニングである。「美食と健康」を追求する、こだわりのつまったハインツ・ベック氏の料理を堪能したい。

料理カテゴリー:現代風イタリア料理
業態:オールデイダイニング
席数:全100席(テラス16席含む)
営業時間:11:00~23:00(LO 22:00)
ランチタイム 11:00~LO14:30
ティータイム 14:30~LO17:00
定休日:無休 ※年末年始は問合せ。
料金:ランチコース 2,600円/3,700円
ディナーコース 4,500円/7,000円
ティータイムセット 2,100円~4,800円
アラカルト 1,200円~2,800円/9,000 円
(消費税別、サービス料別)
問い合わせ:03-3284-0020
住所:東京都千代田区丸の内 1‐1‐3 日本生命丸の内ガーデンタワー 1F

コースメニュー
◆ランチ
前菜、パスタか主菜の選択、デザート 2,600円
前菜、パスタ、主菜(魚料理か肉料理)、デザート 3,700円
◆ディナー
前菜、パスタ、主菜、デザート 4,500円
前菜、スープ、パスタ、魚料理、肉料理、デザート 7,000円
ティータイムメニュー
Set① 5 フィンガードルチェ+ソフトドリンク 2,100円
Set② 6 フィンガーフード+グラスシャンパン 3,400円
Set③ 6 フィンガーフード+4 フィンガードルチェ+ソフトドリンク 4,100円
Set④ 6 フィンガーフード+4 フィンガードルチェ+グラスシャンパン 4,800円
ティータイムメニュー/単品 500 円~700円
ティータイムメニュー/デザート単品 300 円~550円
アラカルトメニュー(一例)
◆前菜
仔牛のスコッタートと野菜のピンツィモーニオ 1,400円
季節のお魚のバリエーション 2,800円
◆パスタ
鴨のラヴィオリ 黒トリュフとグラナーパダーノソース 2,000円
ブロッコリと鳩肉のファゴッテッリ 1,600円
◆主菜
牛サーロインのビステッカ(2 名より) 9,000円
アーティチョークを纏った季節のお魚 オレンジとミントのソース 2,800円
◆デザート
色々なデザートの盛り合わせ 2,400円

【Mr.HEINZ BECK(ハインツ・ベック)】
●世界で賞賛されるガストロノミー界の重鎮
1963年11月3日、ドイツ・フリードリヒスハーベン生まれ、50歳。世界のガストロノミー界の頂点に立つシェフである。“モダンキュイジーヌ” と呼ばれる彼のたぐい稀なる才能によって彩られた料理の世界。その才能とは最高の素材を厳選し、それらの素材を使い、まったく新しい味を生み出すオリジナリティあふれる感性にある。輝かしい経歴はもとより、ミシュランだけでなくビベンダ、ガンベロロッソ、レスプレッソなどなど数え切れないほどのガイドから最高ランクの賞を受けている。
また、約15年前より「美食と健康」にいち早く注目し、食物の人体への影響について様々な研究を著名な国際的学者たちと行っている。「おいしく食べて体にいい」のがハインツ・ベック氏のレストランの特徴の ひとつである。

●ハインツ・ベック プロデュースの代表的レストラン(★=獲得したミシュラン星数)
・La Pergola ラ・ペルゴラ/イタリア・ローマ ★★★
・Café Les Paillotes カフェ・レ・パイオット カフェ・レ・パイオット/イタリア・ぺスカーラ ★
・Apsleys – Apsleys –A Heinz Beck Restaurant A Heinz Beck Restaurant
アプスレイス ア・ハインツ・ベック・レストラン / イギリス・ロンドン ★ ※現在改装により閉店中
・Heinz Beck Seasons at Ristorante Castello di Fighine ハインツ・ベック・シーズンズ アット リストランテ
カステッロ・ディ・フィギーネ/サンカシアーノ・ディ・バーニ(シエナ)★
・Gusto by Heinz Beck グスト バイ ハインツ・ベック ハインツ・ベック/ポルトガル・アルガルベ
・Social by Heinz Beck ソーシャル バイ ハインツ・ベック/アラブ首長国連邦・ドバイ

【コスチュームデザイン コシノジュンコ】
大阪府岸和田生まれ。文化服装学院在学中、新人デザイナーの登竜門とされる装苑賞を最年少の19歳で受賞。
1978年パリコレ初参加。以降、1985年北京、1990 年NY(メトロポリタン美術館)、1994 年ベトナム、1996 年キューバ、1997 年ポーランド、2009 年ミャンマー等世界各地でショウを開催。2006 年にイタリア連帯の星カヴァリエーレ章受勲。2009 年にはモンブラン国際文化賞を受賞する。観光庁VISIT JAPAN!大使、内閣官房クールジャパン推進会議民間議員。

【店舗デザイン・設計 植木莞爾 (うえき かんじ)】
大学卒業後渡伊。ミラノリナシェンテデパート本店デザイン室、アルド・ヤコベル建築設計事務所を経て、帰国後カザッポアンドアソシエイツ設立。ホテル・住宅・レストラン・リテイルショップなどのインテリアデザイン、及び家具などのプロダクトデザインも手掛ける。
最近作として、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のインテリアデザイン、Apple Storeの全米展開、SHILLA HOTELの改装、森ビル虎ノ門ヒルズのパブリックデザインなど。

Copyright Kato Pleasure Group © 2014 All Rights Reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.