くら寿司、揚げたシャリをトッピングした「シャリカレーうどん」を販売開始。

更新日:

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営する株式会社くらコーポレーション(代表取締役社長:田中邦彦 所在地:大阪府堺市)は、累計300万杯突破の人気商品「すしやのシャリカレー」シリーズの新商品として「シャリカレーうどん」「シャリカレーうどん(甘口)」の2種を7月1日(金)から販売開始することを発表した。
shariudon
同商品は、ゆでたうどん1玉にカレーをかけ、注文を受けてから店内で揚げるちく天(ちくわ天)、たまご天、そして国内メニューでは初採用となる「揚げシャリ」を2個トッピング。揚げシャリは、お寿司に使用する、こだわりのシャリを小麦粉につけて揚げることで、外はカリカリ、中はもちもちとした食感を実現。食感とともに揚げシャリの甘味や、酢のほのかな香りがアクセントとなる、カレーうどんに仕上げた。

揚げシャリ

ageshari
■販売商品概要
商品名/価格
「シャリカレーうどん」 / 350円(税込378円)
「シャリカレーうどん(甘口)」 / 350円(税込378円)

※全国の「無添くら寿司」(368店舗、6月29日現在)にて販売
※お持ち帰り可(一部店舗では不可)
※一部の店舗では販売なし。

■新開発「揚げシャリ」とは
同メニューに使用されている「揚げシャリ」は、アメリカ向けメニューとして開発され、今回国内では初の採用となる。同社こだわりのシャリに小麦粉をつけて揚げたもので、アメリカでは「クリスピーライス」と呼ばれており、アメリカ店舗でも、「クリスピーライス」を使用した寿司が、「Crab Mayo」はじめ、好評を得ている。
shari_america

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.