千葉商科大学、学生が経営する飲食店「学生ベンチャー食堂」の新規経営者が同大1年女学生に決定。

更新日:

千葉商科大学(千葉県市川市:学長 島田晴雄)は、キャンパス内で本学学生が経営する飲食店「学生ベンチャー食堂」に、新規出店を開始する経営者を選ぶ、学生ベンチャーの選考結果発表会を開催し、厳正なる審査の結果、金田夏季さん(商経学部経営学科1年)の事業計画「栄養バランスを考えた給食風食堂」を選出したことを発表した。

このたびの選定に先立ち、同食堂経営者の学内公募を行ったところ、3グループから応募があり、さまざまな創意工夫のある事業計画書が提出された。選定にあたっては、学生と教職員への食の提供という重要な生活環境に関わる事業を任せるため、事業開始の動機や目的、魅力あるメニューと価格であること、継続的に運営が可能なベンチャーであることをベースに、収支計画の適正さや運営体制、衛生管理などを重視し、総合的に判断した。
金田さんの事業は、偏食になりがちな若者にスポットを当て、ヘルシー&栄養バランスがとれ、かつ女性のニーズも掴む事ができる内容になっていることなどが高く評価され、出店をめざした代表者を一堂に会した選考結果発表会で1年間の出店権利を手にした金田さんには、島田晴雄学長より認定証が手渡された。
金田さんは、今後、飲食店の営業条件となる食品衛生責任者資格の取得や営業許可の取得、個人事業の開業届出など、開店に必要な一連の準備を整えた後、2015年4月より営業を開始する予定。
学業と経営の両立に挑む学生の姿を、ぜひ応援してほしいとのこと。

同大学の学生ベンチャーへの取り組みは大学ウェブサイトの「学生ベンチャー食堂」に掲載。
[URL]http://www.cuc.ac.jp/about_cuc/campus/student_venture/index.html

■ 学生ベンチャー食堂 新規店舗(2015年4月オープン予定)
【事業内容】栄養バランスを考えた給食風食堂
【代表者】金田 夏季(かねだ なつき)さん(商経学部経営学科1年)
【事業概要】
同食堂は、誰もが経験した懐かしい学校給食の雰囲気を取り込みつつ、栄養バランスのとれたメニューの提供を予定。お腹を満たすだけの食事ではなく、適切な栄養の摂取と健康の保持に配慮し、また、給食の時間という仲間とテーブル囲んだお昼の楽しいひとときを思い出して過ごしてほしい、という思いから給食にこだわった。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.