プリン研究所、こだわり抜いたイタリア食材を使用した幻のプリンを復活。数量限定で発売。

更新日:

プリン研究所は、2017年6月10日~6月25日までオープン3周年を記念してお客様感謝イベントを実施する。日ごろの感謝の想いを込めて、ポイント最大15倍キャンペーンと3周年限定で以前にイベントでコラボレーションした幻のプリンの販売をする。

2年前に広島のフェラーリ・アストンマーティン正規ディーラー「エムオート」とのコラボレーション企画で、フェラーリ本社のあるイタリアの食材を使用したオリジナルプリンをフェラーリオーナーのツーリングイベントや来店者に配布するというイベントで使用した非売品のプリンを3種類、数量限定で販売する。

モデナ産25年熟成バルサミコをかけて食べる究極のプリン「ビアンカルディ」 ¥5,400-(税込)


フェラーリ本社のあるイタリア・モデナの特産品であるバルサミコ酢との相性を重視して開発したプリン。
最近ではよくスイーツと合わせることも多くなってきたバルサミコ酢だが、伝統的な製法で作られる本物のバルサミコ酢を使用しているところはほとんどない。
アチェートバルサミコ協会会長、クラウディオ・ビアンカルディ氏が自ら手掛けた貴重なバルサミコ酢をプリンのソースとして、上からかけて食べるプリンとなっている。
安価なバルサミコ酢とは違い、ツンと来るような酸味は一切なく、まるでブドウを濃縮したような甘みがあり、まろやかな酸味。
そんなバルサミコ酢に合わせるのは、芳醇なマダガスカル産のバニラビーンズを使用した超濃厚なバニラプリン。
同店でもバニラプリンは販売しているが、バルサミコ酢との相性を追求し、より濃厚でバニラとミルクの風味を追求したプリンとなっている。
なめらかに仕上げることで、バルサミコ酢とうまく混ざり合い、濃厚なプリンをさっぱりと食べることができる。

ヴィンテージグラッパを使用したコーヒープリン「ベルタ」 ¥2,160-(税込)


イタリアでは「カフェコレット」という、エスプレッソにイタリアの蒸留酒「グラッパ」を入れて飲むという定番のドリンクがあり、それをイメージして作ったプリンがこの『ベルタ』。
グラッパとはイタリアの伝統的なお酒で、ワインを作った後のぶどうの搾りかすを使用して作るブランデーのようなもの。
グラッパは本来、ブランデーのように樽熟成は行わないが、これを樽に入れてブランデーのように熟成したのがこのプリンに使用しているヴィンテージグラッパだ。
ヴィンテージグラッパを作り続けている老舗メーカー『ベルタ』社の最高級グラッパ「パオロ・ベルタ リゼルヴァ・デル・フォンダトーレ」を使用した。
有名な高級イタリアワイン「バローロ」を作った時に出るぶどうの搾りかすなどを使用し20年熟成されたグラッパは、熟した果実、チェリー、カカオ、バニラのような複雑で幅広い丸みのある個性豊かな香りとリッチなテイストを楽しめるようになっている。

シチリア島ブロンテ村産ピスタチオプリン「ブロンテ」 ¥1,620-(税込)


イタリアのシチリア島産のピスタチオは有名だが、その中でも最高品質だと言われているのがブロンテ村産のピスタチオ。
2年に1度しか収穫しないこだわりの製法で作られたピスタチオは甘みが強く、潮風にさらされているせいかほんのり塩気を感じる。
一般的にスイーツで使用するピスタチオ製品は、色がきれいに出ないので緑色の着色を使用して販売しているところが多いが、同店のプリンには着色料をはじめ添加物は一切使用していない。
このピスタチオの味をしっかりと感じれるよう、通常よりもかなり多くピスタチオを配合し、かつてないほど濃厚なピスタチオを感じるスイーツに仕上げた。

■店舗概要
店舗名:プリン研究所
所在地:大阪府大阪市西淀川区佃3-1-7
定休日:不定休

新着記事に戻る

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.