長寿堂恵佳、大阪道頓堀で”まずいのにバカ売れ”「たこやきあめちゃん」を発売。

更新日:

創業70年を迎える大阪のお土産菓子メーカー株式会社 長寿堂恵佳は、大阪人のソウルフード「たこ焼き」を無理矢理アメにした『たこやきあめちゃん』を、2017年12月に発売した。

食べた瞬間口いっぱいに広がるたこ焼きと、その後じわ~っと訪れるアメの甘味に、思わず「まずい」と言ってしまう『たこやきあめちゃん』。
「こんなまずいアメちゃんが、売れるのか?」と、製造メーカー自身も半信半疑のなか少量にて生産を開始。

しかし、製造メーカーの不安とは裏腹に、難波や道頓堀のお店のバイヤー様から「まずいけど面白い!でもなぜか食べてしまう!店で売りたい」という声が寄せられ、好評を博した。

それでも売れるかは分からないため、最初の計画通り少量生産にて販売を開始。
すると、すぐさま再注文が殺到しあわてて生産ラインを増やすというドタバタ劇となった。

販売店のスタッフからは「珍しさや値段のお手頃さもあり、観光客さんからとても人気で、まとめ買いも多い」という評判も。
Instagramでも「まずい!(笑)たこやきあめちゃん」と多数UPされるようになった。

こうして、まずいけれどもなぜか笑顔になってしまう新しい大阪土産が誕生。
パッケージの内フタや店頭に飾るPOPにて「ごめん、味自慢やないねん!」と、しっかりタコが謝罪しており、大阪らしい笑いが詰め込まれている。

商品概要

商品名:たこやきあめちゃん
価格 :税込216円
内容量:8粒入り
発売日:2017年12月15日(金)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.