串カツ田中、6月1日から全店約180店舗で”全席禁煙化”が決定。

更新日:

株式会社串カツ田中は、2018年6月1日(金)から串カツ田中のほぼ全店である約180店舗(※1)で全席禁煙化または一部フロア分煙化(※2)する。

現状居酒屋チェーンでは、一部の店舗や首都圏中心に全席禁煙としている店舗が多い中、ほぼ全店で禁煙化するのは居酒屋チェーンでは初(※3)。

【禁煙化に向けた3つの背景】
串カツ田中はほぼ全店全席喫煙可でしたが、お子様連れのご家族も多く、ターゲットとしても重要視している中、喫煙可の店内に違和感を覚える意見は多く上がっていた。
2018年4月1日から「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」(※4)が施行され、「いかなる場所においても、子どもに受動喫煙をさせることのないように努めよう」とされた。串カツ田中の都内の店舗数が92店舗と都道府県の中で最も多い中、お子様サービスを充実している串カツ田中の在り方を再検討し始めた。
2017年「全国たばこ喫煙者率調査」によると、喫煙者率が18.2%と、喫煙者率は減少傾向であること(※5)や、2020年東京オリンピックに向けた受動喫煙防止対策の動き、そして世界各国の飲食店内の禁煙状況を見て(※6)、国内1000店舗体制と串カツを日本を代表する食文化にすることを目標とする串カツ田中として、対策を考える立場にあると考えた。

串カツ田中の客層には愛煙家の方も多い状況だが、上記の背景と経営理念及び長期的な視点から検討し、この度禁煙化することに決定(※7)。
禁煙化により、店舗で働く従業員の受動喫煙もなくなり、労働環境も改善すると考えている。店内の面積は平均約66平方メートルと狭いため、喫煙ルームを設置することは現時点では検討していない。

補足概要

※1 立ち呑み3店舗を除く
※2 フロア分煙とは、店舗が複数階に分かれている場合、階に応じて「喫煙フロア」と「非喫煙フロア」を設定する方法。 参照:JT https://www.jti.co.jp/tobacco/bunen/knowledge/type/index.html
※3 当社調べ ※4 参照:東京都議会HP http://www.gikai.metro.tokyo.jp/bill/2017/3-2.html
※5 参照:JTニュースリリース https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/2017/0727_01.html
※6 参照:受動喫煙防止対策の強化について(基本的な考え方の案) http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000153190.html
※7 加熱式たばこも対象。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.