日本一予約が取れない日本料理店「賛否両論」店主・笠原将弘監修の『賛否両論CHOCOLATE』の一般販売が開始。

更新日:

オリジナルの菓子企画から販売までを行う株式会社ショウエイ(本社:東京都足立区、代表取締役:森統則)は、日本一予約が取れないと言われる日本料理店「賛否両論」(東京・恵比寿)のオーナー兼シェフ笠原将弘監修のもと、厳選された和の食材を使用した和チョコレート『賛否両論CHOCOLATE』を2015年1月10日より冬季限定で一般販売を開始したことを発表した。

czMjYXJ0aWNsZSMzMjIwMiMxMzY0NjgjMzIyMDJfZkdYR1hheE9GaC5qcGc

▼「賛否両論」が贈る、和をテーマにしたチョコレートコレクション:
http://www.shoei-food.com/shop/user_data/valentine.php

◆商品内容
昨年、都内スーベニアショップを中心に販売された『賛否両論SOY CHOCOLATE』シリーズは、国産醤油のコクと旨味を加え、チョコレートの新しい味わいを発掘し冬季限定発売の商品としてバレンタインデーでも注目を集めた。

本年は大幅にバリエーションを追加させ、和食料理人ならではの“和”をテーマにしたチョコレートシリーズに仕上がっている。北海道産大豆にこだわった「きなこ」や沖縄産黒糖から絞られた「純黒糖蜜」などとベルギー産チョコレートを組み合わせた、厳選された和の食材と手作りの工程にこだわった和洋折衷のチョコレートは、今年からは同社特設のオンラインショップでの販売も行う。

czMjYXJ0aWNsZSMzMjIwMiMxMzY0NjgjMzIyMDJfWGxkdmJrT2xnRy5qcGc

◆商品概要
【賛否両論ペカンナッツショコラしょうゆ】
・内容量:50g
・定価:540円(税込)
油を使用せずにローストした大粒のペカンナッツをチョコレートで丁寧に包み、醤油で味付け。鍋肌で焦がしたかのような香ばしい風味が楽しめる。

【賛否両論ペカンナッツショコラきなこ】
・内容量:50g
・定価:540円(税込)
油を使用せずにローストした大粒のペカンナッツをチョコレートで丁寧に包み、きなこで味付け。北海道産の大豆を熱風焙煎方式で芯までしっかりと煎ったきなこは、大豆の甘みを充分にひきだした、ふくよかな味わい。

【賛否両論ペカンナッツショコラほうじ茶】
・内容量:50g
・定価:540円(税込)
油を使用せずにローストした大粒のペカンナッツをチョコレートで丁寧に包み、ほうじ茶で味付け。専用に厳選された国産茶葉を焙煎した、特有の焙煎香が芳醇で香り高い仕上がり。

【賛否両論ペカンナッツ詰め合わせ】
・内容量:3種×50g
・定価:1550円(税込)
大粒のペカンナッツを軽くローストし、チョコレートで丁寧にコーティングした後、しょうゆ・きなこ・ほうじ茶の3種の和の素材で味付けした詰め合わせ。笠原氏からの「全てのペカンナッツを楽しめる商品が欲しい」の一言から商品化された。

czMjYXJ0aWNsZSMzMjIwMiMxMzY0NjgjMzIyMDJfd0xSYXVXYXJ5YS5qcGc

【賛否両論ショコラアソート 黒みつきな粉・しょうゆ】
・内容量:6個(2種×3個)
・定価:1450円(税込)
口溶けの良い上質なベルギー産クーベルチュールチョコレートを沖縄産黒糖から絞られた高純度黒糖液で味付け。隠し味に北海道産の大豆を使用した甘みのみではない複雑精妙な深い味わいの「黒みつきな粉」、細かく砕いたヘーゼルナッツを加え、日本の伝統調味料であるしょうゆを絡めた、こいくち醤油の芳香を残した切れのある味わいの「しょうゆジャンドゥーヤ」の詰め合わせ。

【賛否両論ショコラアソート 梅・柚子】
・内容量:6個(2種×3個)
・定価:1450円(税込)
口溶けの良いベルギー産ホワイトチョコレートで酸味が強く香り高い柑橘系の爽やかな風味が広がるペーストを包んだ「柚子」、白加賀種の梅の甘露煮と梅の最高級品種として珍重される南高梅の完熟梅を裏ごししたピューレを包んだ「梅」のホワイトチョコレート詰め合わせ。

【賛否両論ショコラアソート ほうじ茶・抹茶】
・内容量:6個(2種×3個)
・定価:1450円(税込)
口溶けの良いベルギー産チョコレートのセンターに三大茶でお茶の一流ブランドである宇治茶を使用した、チョコレートの甘みと抹茶の苦味がよく馴染み風味が際立つ「抹茶」、国産茶葉を使用し直火焙煎で焙じたほうじ茶を使用した、香ばしくもあっさりとした風味の「ほうじ茶」のトリュフチョコレートの詰め合わせ。

【賛否両論ショコラセレクション】
・内容量:6個(6種×1個/80g)
・定価:1950円(税込)
厳選された和の素材で味付けした「黒みつきな粉」「しょうゆ」「梅」「柚子」「抹茶」「ほうじ茶」の笠原氏が創りだした6種のチョコレート全てと「ペカンナッツしょうゆ」が楽しめる贅沢な詰め合わせ。

czMjYXJ0aWNsZSMzMjIwMiMxMzY0NjgjMzIyMDJfZkdYR1hheE9GaC5qcGc

◆主な販売場所
羽田空港内売店、都内主要ターミナル駅売店、高速道路東京近郊SA売店、首都圏GMS、都内百貨店催事場などで販売。他、ショウエイ公式ネットショップでも販売。
▼株式会社ショウエイお土産通販サイト:http://www.shoei-food.com/shop/

◆笠原将弘
1972年東京生まれ。東京恵比寿にある日本料理店「賛否両論」店主。
「正月屋吉兆」で9年の修行の後、実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。その店が30週年を迎えたのを期に一旦店を閉め、2004年に本格的な日本料理を手頃な価格で提供する「賛否両論」をオープン。「例え9割の人に否定されても、残り1割の人が支持してくれれば良い」という信念を店名に冠した店は瞬く間に評判店となり、今では日本一予約がとれない日本料理店と呼ばれるようになる。コース料理の最後に提供される、かつてはパティシエの道も考えていた笠原氏ならではのデザートも好評。
2013年に名古屋に2号店、2014年に広尾に3号店をオープンし、本店同様に予約の取れない店となっている。また、テレビや雑誌・メディアにも数多く登場し、レシピ本著書も多数あり。今、最も活躍著しい若手料理人である。

czMjYXJ0aWNsZSMzMjIwMiMxMzY0NjgjMzIyMDJfeGZjalpzU09DWC5qcGc

Copyright © 2014 SHOEI Co.,Ltd.
Copyright ©2010 SANPI - RYORON.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.