セブンイレブン スープおかずがさらに美味しく 全6品がリニューアル

更新日:

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、9月25日(火)から全国のセブン‐イレブン20,596店(2018年8月末現在)※1でスープ惣菜全6品を全面リニューアルし、順次発売します。

今回は、全6品のスープ惣菜の原材料と製法を見直し、美味しさはそのままに、レタス1個分の食物繊維や、1/2日分の野菜※2を摂取できる規格へとリニューアルしています。全6品に共通して使用されるスープベースは、炒めた4種類の野菜を、鶏肉を煮出した出汁で煮込むことで、野菜の旨味と甘味が引き立ち、各商品の素材との相性も良く、さらに美味しくなりました。

※1 一部取り扱いのない店舗もあります。
※2「健康日本21(第二次)」では野菜摂取量の目安を1日当たり平均摂取量350gとしています。

スープベースのポイント

・長ねぎ、玉ねぎに加えて、新たに白菜と人参をスープベースに使用。
野菜を炒めてから、鶏を煮出した煮汁で煮込むことで、野菜の旨味や甘味が溶け込んだスープを実現。
・食材の旨味を活かし、さらに調理工程を工夫することで、美味しさを追求。

商品概要

『もちっ餃子と野菜の中華スープ』


価格:276 円(税込298 円)
発売日:9月25日(火)より順次発売
餃子は、小麦粉の配合を見直し、つるつるもちもちとした食感を実現。中具には、豚肉、白菜、長ねぎを混ぜたものに、中華スープを練りこむことで、ジューシーさをプラス。
餃子が3個と、野菜は4種類※1入っており、食べごたえのある仕立て。
レタス1 個分の食物繊維を摂れる仕立て。
※1:白菜・玉葱・竹の子・人参

『12品目具材の和風生姜スープ』


価格:276円(税込298円)
発売日:9月25日(火)より順次発売
蓮根と長ねぎを新たに加えた12 品目の素材を合わせ、昆布と椎茸のだしが効いた和風仕立てのスープ。
生姜を盛り付けることで、より生姜の風味が豊かな仕立て。
レタス1個分の食物繊維が摂れる仕立て。

『1/2日分の野菜!ちゃんぽんスープ』


価格:341円(税込368円)
発売日:10月9日(火)より順次発売
本格的な中華料理の調理過程を実現した、麵なしちゃんぽんスープ。
専用の鍋に小容量の野菜を高温、短時間で炒め、シャキシャキとした食感に仕立て。
鶏、豚、魚介の旨味と野菜の旨味を効かせたスープ。

『1/2日分の野菜!8品目のサラダスープ』


価格:341円(税込368円)
発売日:10月9日(火)より順次発売
レタス、キャベツ、ほうれん草、トマト等の生野菜を使用した食感の良い商品に仕立て。
炒めた野菜にチーズを加え、トマトと一緒に煮込んだ濃厚なトマトスープ。

『1/2日分の野菜!だし香る鶏団子鍋』


価格:399円(税込430円)
発売日:9月25日(火)より順次発売
野菜使用量を240g※1 に増量し、1日に必要とされる1/2を摂取できるスープ鍋。※1:生野菜換算
スープベースに加えて、2種類のかつおだしをブレンドし、香りと風味を向上させ、すっきりと飲み干せるスープに。
鶏団子は、蓮根と鶏軟骨を加えたコリコリ食感が特長。

『1/2日分の野菜!旨辛キムチ鍋』


価格:462円(税込498円)
発売日:9月25日(火)より順次発売
白菜、ニラ等を使用し、1つで1日に必要な野菜の1/2が摂れるスープ鍋。(生野菜換算約200g使用)
スープ鍋専用の濃厚で風味の良い豆腐を使用。
牛骨と野菜を煮込んだ旨味が凝縮したスープに仕上げ。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.