イルサンジェー銀座ブティック 予約制サロン限定で生バラを使用した新作パフェ「愛しのバラ」が登場

更新日:

フランスジュラ地方の老舗ショコラトリー「イルサンジェー」は世界で2店舗のみでしか購入する事の出来ない希少なショコラです。東京・銀座にある「イルサンジェー銀座ブティック」のサロンではショコラのみならず、限定パフェなど様々なメニューを用意しています。この度10月末までの限定で生バラを使用した期間限定パフェが用意されました。

東京・銀座に店舗を構えるショコラトリー「イルサンジェー銀座ブティック」より、予約制サロン限定で食べられる、生バラを使用した新作パフェ「愛しのバラ」が10月4日(木)より期間限定で登場します。予約制のプライベート空間で、今しか食べることの出来ないパフェを食べて贅沢なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

フランスのジュラ地方にあるショコラティエ「イルサンジェー」とは

今年で118年を迎え、直系4代で受け継いできた老舗ショコラティエです。代々受け継いできたレシピを忠実に守り、伝統とその味を当時のまま今も創り続けています。4代目当主エドワール・イルサンジェーはフランスのM.O.F(人間国宝)の称号を得る等、フランスを代表するショコラティエです。イルサンジェーのショコラは全てエドワールの手作業で創り、一日1層しか出来ないため、非常に手間ひまのかかるが味わいの深さは食べたものにしか分からない奥深く、繊細な味です。

4代目当主エドワール・イルサンジェーが厳選した食材と0.1g単位で調整した配合をもとに創られるパフェは、季節のショコラをオマージュしたもので、毎回新作を楽しみに待つファンも多いとのことです。
今回は生のバラを使用したパフェ「愛しのバラ」です。

概要

■季節限定ガナッシュ「愛しの薔薇」をオマージュ

4代目当主エドワール・イルサンジェーが女性へのオマージュとして創作された逸品です。
真ん中にホワイトチョコレートのキャンバスを薄く敷き、薔薇パート・ド・フリュイの色味を最大限活かせるよう計算され作られ、口に入れた瞬間うっとりするような芳香が広がります。

またショコラに使用されている薔薇の花びらはイルサンジェーの敷地に咲く、摘みたての薔薇を全て手作業で細かく砕き、パート・ド・フリュイと合わせています。
ゼリーに浮かぶ薔薇の花びらは、まるでピンクサファイヤを思わせるかのような淡い輝きを放ち、口に入れるのをためらうほどです。ベースにしているダークガナッシュにも薔薇を煮出したエキスを混ぜているので、食す前にぜひ香りから楽しめるショコラです。

■優雅な香りと繊細な味に舌鼓、美容にも効くまさに女性のためのパフェ
生バラとそのエキスを抽出して作ったバラのゼリーです。
バラには美肌やストレス・アンチエイチングなど女性にはうれしい様々な効能がある食材で、古来ヨーロッパでは薬や洋服の香り付けなど様々な使い方をしていたそうです。

パフェの中身にはバラと相性のいい紅茶のシフォン、ラズベリー・赤スグリのフルーツでマスカルポーネアイス、フランボワーズアイス、ホワイトショコラをトッピングしています。

■期間限定でハーブティーをご用意
「愛しのバラ」提供期間中セットドリンクにハーブティーも選べます。
心身ともに癒しの時間が愉しめます。

サロンの予約方法

HP、電話にて予約ができます。
HPはこちらから  https://hirsinger.co.jp/reservation/
電話はこちらから(11時-20時の間にお願いします)
03-6434-9579

店舗情報

店舗名:イルサンジェー銀座ブティック
住所:東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル1F
https://hirsinger.co.jp/
連絡先:03-6434-9579
営業時間:12:00〜20:00
店休日:水曜

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.